壁越しに聞こえてきたよがり声に興奮

俺、昔不動産賃貸の仕事やってたのな。
んで、やっぱり友達の部屋を探してあげたりとかもちょくちょくあったのよ。
そんな中にかおりって子がいたのよ。
高校時代の同級生だったんだけど、社会人になってから親元離れたいって言って
でもあんまり予算が無いから安くていいとこ紹介してくれって感じで。
まぁホントに予算が「それなり」だったから、やっぱり「それなり」の物件になったのな。
小奇麗なんだけど知る人ぞ知る壁の薄いトコ。まぁわかる奴はわかる。


もちろん最初に「壁ちょと薄いからな。いいか?」って聞いておいたけどな。
あんまり贅沢言えないからいいよ、とのことだった。
まぁその時は別に問題なかったんだが・・・。

半年以上過ぎてからか、かおりの隣の部屋が退去して空室になった。
ちょうどその頃新人さんが入ってきて、勉強のために部屋を一緒に見せてあげてた。
“物確”っていうんだが、たまたまその日はそのコーポの鍵が店にあったので見せてあげる事に。

行く途中に「この部屋の隣、俺の女友達なんだぜ~」とか会話しながらな。
まぁそんなこんなで部屋まで着いたわけよ。
へぇ~、綺麗なトコじゃないですかぁ、と新人さん。

「まぁな。でもこのシリーズは壁薄いから気をつけろよ、色々とな」
とか言いながら部屋に入っていったら、隣の部屋から声が。

「あ、だめ・・・。んぅぅ、すごい・・・」
おいおいおいおいおいおい!!

かおりがやってるぅぅぅううう!!!
ホンットに壁薄いんだな~って妙に納得。
なんか隣の電話の声すら聞き取れる、ってかおりが笑いながら言ってたっけ。

だったらヤルなよ!昼間から!
しかも仕事サボってんじゃねーよ!こないだ派遣でCADオペやるって言ってたじゃねーか!

「ねぇ・・・もう入れたいよ・・・」

新人さん(女の子)絶句。
俺もなんか意味不明のリアクション。
新人さんが、ねぇ・・・アレってやっぱり・・・。
とか言ってるうちに隣ですでにギシギシいわせてる。

「あぁ!もっと!奥までついてぇ!」
「んぅぅ、だめ・・・気持ちいぃよぉ・・」

いや~、ここまで鮮明に聞こえると思わなかったよ、俺も。

正直めっさ興奮した。
だって昔から良く知ってて二人で飲み行って猥談とかする仲で、まぁいい女だったけどそれまでそんなに「女」ってのを意識したことはなかったから。

でもそのかおりが隣の部屋で男とヤッテる。
くちゅくちゅ、っていう音まではさすがに聞こえなかったがベッドをぎしぎし言わせながら喘いでる声は鮮明に聞こえてくる。

一緒にいた新人さんももじもじしてる。
エロ小説ならこんなとき
「ん?興奮してきたかい?」
とかになるのかも知らんがそんな余裕ねーYO!

おいおい、昼間っから何してんだよぉ、あいつ、くらいに言うのが精一杯。
でもせっかくだから聞いていこう、とかいう話になって二人とももう開き直って壁に耳つけて聞いてた。

「あぁすごい・・かたぁい・・」
「あぁ!そんなトコ・・・だめぇぇ」

うわぁぁ!ドコをどうされてるんだぁあぁ!

この頃から遅ればせながら激しく勃ってきた。
新人さんもすぐ隣で「うわぁ・・」とか言いながら聞いてるし。

興奮しまくってる俺と新人さんの目が合う。
そのまま勢いでキス。
なんかもう訳わかんなくなって、制服のままの新人さんのスカートの中に慌しく手を入れて、ストッキングの上からアソコを触る。

新人さんも俺のチンコを触ってきて二人して立ったまま愛撫。
その間も壁の向こうからはいつも聞きなれてるはずのかおりの声。
でも俺が聞いた事なかったかおりの喘ぎ声。

獣だったね。俺も新人さんもかおりも。
勢いで新人さんのストッキングとパンツを脱がせる。
部屋は二階だったので覗かれる心配はなかったが、鍵はかけてない。

しかしそんなことなんておかまいなし。
というかその時は全く気づかなかった。

俺はズボンとパンツを脱ぎ捨ててとりあえずフルチンに。
靴下だけ履いてるのがダサかったのでそれも脱ぐ。
上はシャツにネクタイのままだからそれだけで充分ダサいんだがな。

二人とも立ったままで新人さんは俺のチンコを手コキ。
俺はスカートの中に手ぇ入れてマンコを直に触る。
・・・めっさ濡れてますね、アナタ。

かおりの部屋の壁際に新人さんを押し付けて、片足だけ持ち上げながらひたすらくちゅくちゅ。
必死に声を抑えようとしてる新人さんがかわゆぃ。
つーか隣のかおりは全く気づかずに大声で喘いでるのに!

もうべっとべとになったアソコにそのまま慌しく挿入。
スカートが汚れないように腰の辺りまで捲り上げることを忘れなかった俺って偉い。

「あぁ!」
新人さんたまらず声をあげる。
俺はそんなことに構わずにひたすら突く!突く!

声出しちゃいけないシチュレーションだと声出させたくならない?
ホントにでかい声だされたら困るんだが。
・・・もうねぇ、人生で一番興奮した状況だったな。

俺と新人さん仕事中にヤッテる。しかも新人さんは制服のままパンツだけ脱がされてる。
隣の部屋では女友達のかおりがヤッテる。しかも隣で俺が聞いてるとは夢にも思わずに。
萌えるな、って言っても無理だYO!

途中でちょっと余裕が出来て体を入れ替えてバックから。
もちろん壁に手つかせて立ちバック。

さすがに新人さんも「あっ!ちょっ、ダメ・・」って小声で言ってる。
そう言われるともっと苛めてやりたくなるのが人情。思いっきり奥まで入るように突く!突く!

「・・・逝っちゃう・・」って言うのと同時に新人さんの中がきゅぅぅってなってからだがビクンって跳ねる。
多分そのまま2、3回は逝ってたんじゃねーかな、新人さん。

俺はなんか挿入部やアナルが丸見えのバックが気に入って、そればっかやってた記憶が。

今思うとかおりの相手の男結構頑張ってたなぁ。
後から始めた俺らのほうが早く終わったもん。

まぁ俺が早いだけ、という噂もあるが。
そうこうしてるうちに俺にも限界が。さてここで一つ困った事が。
どこで逝ったらいいんですかね?

ゴムはしてねーし、かと言ってティッシュなんて高尚なモン俺持ってねーし(アセ
んで困った俺は新人さんに聞いてみることに。

「なぁ・・そろそろヤバいんだけど・・・。どうしよう?」
「・・あっ!いいですよ・・。逝きそうになったら抜いてぇ・・」

え?抜いてどうすんの?

「・・・私の口の中で・・」
神!アンタ神!!その発言だけで逝きそうになったおれはラストスパート。
かおりは相変わらず隣でアンアン言ってる。

あ、そろそろ・・・ダメ・・かも。
勢い良く引き抜くと新人さんはクルっとこっち向いてさっきまでアソコに入ってたチンコをぱくっ。
そのまま先っちょを舌でちろちろしながら手コキ。

「んぅ・・んぐぅ・・」
・・・俺が逝ってる間ゆっくりチンコをしごきながら優しくチンコを吸い上げる新人さん。
わかってる。アンタ正直わかってる。

隣の部屋ではかおりがまだヤッテやがる。
・・・そろそろ限界か?とかちょっと余裕も出来てくる。

別に俺は飲ませる趣味はないのだが、新人さんそのまま飲んじゃったみたいです。
ちなみに新人さんは大学出たてで、ショートカットが似合う活発系の女の子。

あの業界は客商売だから結構可愛い子だったよ。
もっとすれてないと思ったんだが、あの時までは。

かおりはすらっと背が高くて、美人タイプだな。
あの時までは女を意識してなかったがイイ女だというのは認めてた。

終わってからは二人ともちょっと余裕が出来てきて、なんか共犯者意識っていうの?そういうのが生まれた感じで。
隣頑張りますねぇ~、みたいな会話してた。

結局その数分後にかおりと彼氏(だと思う)が同時に逝くまでずっと壁に耳つけて聞いてたんだが。
かおりにはその後飲みながらこの話した。
聞こえちまったぞぉ♪って。

最初はめっさ照れてたけど、俺も隣で・・・って話したら爆笑してた。
お互い様じゃんって。

新人さんとはその後数回空き部屋や、ホテルで・・・。
まぁ良かったには良かったが、あの時の強烈な体験の印象が強くてな。
あれ以上に興奮することはなかったな。

関連記事
安心・安全の無修正動画 カリビアンコム!

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧