色っぽい同級生のお母さんと初体験

僕はフランス人の父と日本人の母との間のハーフの筈なんだけどめっちゃしょうゆ顔。
普通、ハーフだったらもっとハンサムに生まれてきたっていいと思うのだが…
おかげで一般男子と同じように女子には大してモテません。それに比べて妹は完全なるモデル美人です。中三なのに垢抜けていて、カワイイを通り越している。
どうして僕もそうじゃなかったのかと…、ホント不公平を感じてます。


ただ、同級生のお母さんたちには結構人気があります。
その理由は5年前に近所の友達と一緒に行ったプールでの出来事からでした。

僕の町内は近所仲が結構良くて、お母さん連中が交代で塾の送り迎えとか
遊びに行く付き添いとかをしています。
その時も友達5人で市営プールに行く約束をしていたので、智弘ママが付き添いで
行くことになりました。

智弘ママは日陰で見守っているようなタイプではなく、水着に着替えて僕たちと一緒に遊んでました。

当時29歳の智弘ママはお母さんって感じは全然しないお姉さんのような存在でした。
今思えば少し肉付が良くなっていたとはいえ、日焼けしたスレンダーな健康美人。
特にワンピースの水着からこぼれそうな大きめの胸が周りの男の人の視線を浴びていたと思います。
僕たちが智弘ママの近くで遊んでなければナンパされてたかもしれません。

はじめはみんなで一緒に遊んでたけどそのうちバラバラになってきて、昼ごはんを食べた後ぐらいから疲れて眠いやつは寝る、遊び足りないやつは遊ぶみたいな感じになってきました。

僕は遊びたい派だったのでウォータースライダーに乗ろうと思って順番待ちしていると智弘ママがやってきました。
「わたしまだこれ乗ってないんだよね~。一緒に乗ろうよ」
友達のお母さんと一緒に乗るなんてなんか嫌だな~とは思ったんだけど断る理由もないので、一緒に並んでたら順番が来ました。

体は僕のほうが大きいので当然つまらない後ろかな~と思っていたら、智弘ママが後ろって事に。
そこらへん、大人の気配りってのが働いたのかもしれません。
ラッキーと思いつつ智弘ママの後から浮き輪に乗り込むと肩の辺りに柔らかい感触が…

あっ… おっぱいだ…
なんか恥ずかしくなって前屈みになろうと思っても出来なかった…
滑り出した後も面白さよりもオッパイのことが気になって、何とか触らない体勢にしようとしてました。

でも体を動かすほど胸をぐにゅぐにゅしてしまって、余計に意識する結果に…
もう仕方がないと諦めたころゴールに着きました。
最後の水しぶきが鼻に入ってゲホゲホやっていたら智弘ママに爆笑されてました。

なんか数分の事なのにどっと疲れたので友達の所に戻ろうと思いプールを出ようとしたら、急に股間が痛くなりました。
そう、勃起です。
たぶん、このときが初めてです。
いてててて… 
わけが判らず前屈みになっていると、智弘ママが口に両手を当ててこっちを見てました。

「シンちゃん、ちょっとこっち来なさいっ」
どうしたらいいのかも判らなかったので困ってると、智弘ママが手を引っ張って連れて行ってくれました。
ロッカールームでの智弘ママは、こっちをまるで見ないままソワソワした感じでした。
僕はというと、全く痛みが治まらないので病院でも行かなきゃいけないのかってすごく不安だった。

「シンちゃん、ちょっと見せてみなさいっ」
なかなか治らない僕の股間にイライラしたのか、智弘ママが海水パンツに手をかけました。
恥ずかしかったけど仕方ないのでまかせました。
パンツをめくって中身を見た智弘ママの目が大きく見開かれたのを覚えています。

「シンちゃん、これね~… 時間がたてば治るから大丈夫だよ…」
そんなもんなんだ~と思っていたら、やがて股間の痛みは治まっていったので安心しました。

そのあとは閉園まで遊んでいたんだけど、途中智弘ママがチラチラこっちを見ていたのが気になりました。
その時は心配してくれているんだな、としか思ってなかったんだけど…

お盆前にまた市営プールに行くことになって、その時の送り迎えも智弘ママでした。
その日の智弘ママは気温が高かったせいもあるのか、ずいぶん露出の高い服装でした。

いつもはGパンTシャツなのに、この日はタンクトップに長めの黒いミニ。
智弘のやつ、かわいい母ちゃん持ってうらやま~って思いました。
この日は別に股間が痛くなることもなく、普通に遊び終えたんだけど他の子みんなを送り終えて最後に僕の家だと思ったときに、また起こってしまいました。例のあれが…

「今日は暑かったね~」
って智弘ママが胸元の汗をぬぐいながら言ったんで、助手席に乗ってた僕は何となくそこを見ました。
いつもと違うタンクトップの胸元には胸と胸の間にある深~い谷間が…
すげっ
「いててってててっ」
遠慮なくジロジロ見ていたらまたしても股間が痛くなってきました。

「どしたの?また痛くなっちゃった?」
なぜか微笑んでいる智弘ママ。
また放っておいたら治るのか?
僕はこんなに股間の痛みとモヤモヤした気持ちと戦っているのに、智弘は後ろの座席でスヤスヤ寝てます。
絶対病気だよ~、これ~
とか思って何とか我慢していたら智弘んちに車が着きました。

「シンちゃん、ちょっとウチで休んできなさい」
なぜか智弘ママは上機嫌?
どうせ家に戻っても誰もいないのは判ってるので休憩することにしました。
一人でいるには不安すぎです。
智弘は眠いって言って自分の部屋にとっとと行ってしまった。
智弘ママが飲み物とお菓子を持ってきてくれたけど正直話すこともない…

「まだ痛むの?」
お菓子を食べようとしたら智弘ママが話しかけてきました。
「うん、なかなか治らなくて」
前屈みになって僕の股間を覗き込んでくる智弘ママ。

すぐ近くにある胸元の谷間から僕は目を離せなくなっていました。
「心配しなくってもいいんだよ。これって大人になってきてる証拠だから」
そう言ってズボンの前側に手をかけてこっちを見つめると
「みせてごらん」
そう言ってズボンをずらそうとしてきました。

前に一度見られちゃってるし、2度目とはいえやっぱり不安なので見てもらう事に。
お尻を軽く浮かせると、パンツごと脱がされてしまいました。

「これってね、女の子を見ててドキドキするとなっちゃうんだよ。シンちゃんずっと私の胸見てたもんね(笑)」
バレタっ!
何か言い訳をしようとアワアワしている僕を楽しそうに見つめていた智弘ママは意外な事を言いました。

「これ~~、直し方知ってるんだけど… どうしようか?」
知ってたの?
何でこの前それをしてくれなかったんだよ~

「シンちゃんちょっと恥ずかしいかもだけど我慢できる?」
???
どんな事されるんだろ?
でも取り敢えず治るんだったらお願いするしかありませんでした。
注射でもないみたいだし…
「じゃ~いい?動いちゃダメだよ」
「あっっっ」
智弘ママのヒヤッと冷たい手のひらが、僕のオチンチンをそっと包み込みました。

その手が上下に動き出すと、今まで感じた事のないような気持ち良さが僕を襲ってきました。

動いちゃダメだって言われてたので、必死に我慢したけどムリ…
すごい気持ち良くって勝手に腰がビクついちゃう!!

「こうしてるとね、そのうちおし*こみたいなのが出ちゃうけど病気じゃないからね。一度出たら治ると思うから」
顔を真っ赤にしながら智弘ママの刺激に耐えてしたら、また変な事を言い出しました。

「シンちゃん、カワイイ~。サービスしちゃおうかな」
「うああああああああっ!」
信じられないっ!
いきなり智弘ママが僕のオチンチンをパクって口に咥えちゃった。

きっ 汚いよ~
恥ずかしすぎて断ろうとしても言い出せなかった…
気持ちよすぎるっ!
「じゅぽっ、じゅぽっ れろれろ…」
智弘ママのショートカットの頭が僕の股間で上下しています。
そしてその部分からさっきよりも激しい快感が次々と湧き上がってくるっ!

根元をシコシコされながら声にならないうめき声をあげて我慢していると、タマタマの方から何かがこみ上げてきました。
マズイっ!智弘ママの口の中におし*こしちゃうっ!
あわてて腰を引こうとしてるんだけど離してくれません。

逃げ場もなくおし*こを止めることも出来ない僕は絶望感と激しい快感の中、智弘ママの口におし*こをしてしまいました。
「ん、んぐううっっ、んんんんん…」

ビュッ、ビュッ、ビュウウ~~
なんか変なおし*こでした。
多分量はすごく少ない。
でもいつものおし*この何倍も気持ちいい…

…じゃないっ! 口の中におし*こしちゃったっ!

「ゴ、ゴメンなさいっ、我慢できなかった~」
余韻で身体がガクガク震えていたけど、そんな事構ってられなくてひたすら謝りました。
「いいのよ。気持ちよかった?」
「ハっ、ハイっ!」
「でもすごい量… すごく濃いし… 溜まってたんだね」
良かった… 全然怒ってないや…

口から白くてトロッとしたものを吐き出すと、ニコッと笑顔で接してくれました。
オチンチンに残った白いものをつつっとなぞり上げて全部出す智弘ママ。
その手は相変わらずゆっくりとオチンチンを上下させている。

「全然ちっちゃくならないんだね」
快感の余韻も引き、出し切った後の妙な罪悪感みたいなもの?も消えた頃、またモヤモヤした気持ちになってきてしまいました。
もう一回してくれないかな…
柔らかそうな智弘ママの大きなオッパイを見ながらそう思ってしまった。
ダメ元でお願いしてみよう。

「オバさん、あの~ もう一回して欲しい…」
いつもと違う何かエッチな感じの笑顔で僕を上目遣いに見つめる智弘ママ。
「も~う… シンちゃんって甘えんぼさんだね。まあ私のこと見てこうなっちゃったんだから仕方ないわね」
ぎゅっと強く僕のオチンチンが握られてとっても気持ちいい。

「あのね… もっと気持ちいい違う方法もあるんだけど試してみる?」
「うんっ!するするっ!」
「じゃ~あ~ 悪いけどこれ着けてね。オバさん後で困っちゃうから」
最初から持っていたのか、バックから小さな包みを取り出しました。

ビニールで出来た風船みたいなのでチンコを包もうとします。
でも風船がちっちゃくてなかなかうまく出来ないみたい。
「シンちゃんのオチンチンって、ホント大きいんだね」
智弘のと比べてるのか判らないけど智弘ママ、なんか嬉しそう。

結局輪っかの所が半分ぐらいまでしか来なくて、それに輪ゴムに締められてるみたいでちょっと痛い。
でも、こうしないとダメみたいなので我慢した。
「じゃあ、ソファーにもたれて楽にしてて。私が教えてあげるからね」
言われたとおりもたれると、智弘ママは僕の腰の上に跨ってきました。
ミニスカを自分でめくって何かの位置を確かめるように股間を覗き込んでる。

智弘ママはパンツを履いていませんでした。
いつも履いて無いのかな…? そんな訳ないか…
一瞬不思議に思ったけどドキドキがすごくてすぐにそんな事忘れてしまいました。
智弘ママのアソコは僕の母さんのアソコと違ってちょっとしか毛が生えてません。
それと日焼けしてないところは結構肌が白くて、なんかとってもキレイに思えました。 

智弘ママは風船に包まれた僕のカチカチのオチンチンを掴むと、股の付け根にあてがって先端をこすり付けてます。
女の人はみんなそうなのかは判らないけど、智弘ママのアソコはとってもヌルヌルしています。
そのヌルヌルが先っぽにいっぱいくっついて、とても気持ちがいいです。

「これって私の旦那さん以外とはしちゃいけないことだから絶対内緒だよ。誰にも言っちゃだめだよ」
「うん、内緒にする…」
「じゃあいくよ」
智弘ママが僕のオチンチンを手で固定しながら体重をかけてきました。

僕の風船に包まれた先っぽが少しづつアソコに呑み込まれていって…
「ふっ、太っ!んんんんんん~~~っ(汗)」
智弘ママの中は熱くてヌルヌルでとっても気持ちがよくって。

でも狭くてギュウギュウ締め付けてくるアソコは、僕のものを入れるには少し小さいのかも。
眉間にしわを寄せて苦しそうな表情を浮かべながら、それでも奥へ奥へと入れてくれてる。
そしてとうとうあんなに大きなものが全部、智弘ママの身体の中に入ってしまいました。

「おめでとう、シンちゃん。これで大人の仲間入りだね」
アソコの中と同じように身体をビクッビクッとさせながら、これも初めてのキスをしてくれました。
それにしても熱い…
大人ってこんな気持ちいい事いつもしてるんだ…
オチンチン全体から沸き上がる快感で、なんだか頭がボーっとしてきます。

「さあシンちゃんいくわよ~。私の中で気持ち良くなっちゃいなさい」
僕の上に跨ったままおし*こをするような格好になって、ゆっくりと身体を上下し始める智弘ママ。

「う、うあっ、なにこれっ」
熱くってヌルヌルしたアソコが僕のオチンチンをぎゅっと絞り上げてきます。
さっき口で咥えられたとき以上の快感で、もうどうしたらいいのか判りません。
アソコ全体でしごかれながら、深く入れられてる時は腰をぐりぐり捻ってきます。

先っぽに何かが当たってここが一番奥なんだなって思ってると
「やんっ、すごい… 一番奥に届いちゃってる…」
智弘ママが嬉しそうにエッチな笑顔を僕に向けると、何度も一番奥でオチンチンの先を刺激してくる。
きっとこの一番奥のところが気持ちいいんだなって思いました。

目の前で日焼けの跡がまぶしいオッパイがブルンブルンゆれてます。
乳首がピーンと起ってとってもキレイに感じました。
「うふっ、気になる?触っても良いんだよ」
生まれて初めてオッパイに触りました。
思ってたよりもフワフワに柔らかく、しかも重量がありました。

手のひらに吸い付くような感触で、ずっとこのまま揉み続けていたいって思いました。
「ああ~~ん、感じる~~っ!先っぽの方もいじってぇ~」
頼まれるまま乳首をコネコネしてあげると、アソコをギュッとしながらとっても喜んでくれました。

はじめはゆっくりだった上下運動も、快感が増してくると共に次第に早くなってきて。
僕と智弘ママが繋がってる所からは、ブッチョブッチョと卑猥な水音が鳴り捲ります。
こんなスゴイ事しててもいいのかな…?
どんどん気持ち良くなってきちゃって下半身がビクつきっぱなしで。
またタマタマのがぐんぐん変な感じになってきた。

「ま、また出ちゃいそうですっ(汗)」
オチンチンの中を駆け上がってくる白いやつに焦りながら智弘ママに訴えました。
まっ、また中に出しちゃうっ!
しかも今度は身体の中にっ!
出来れば一回抜いて外に出さなきゃって思ったんだけど。

「いいんだよ。出しちゃいなさい」
智弘ママが息を弾ませながら、さらにペースを上げてきて…
「うわっっ、わわわっ」
僕が顔を真っ赤にしながら叫ぶと、一番深くに迎え入れたまま動きを止めちゃった。
ものすごい快感がオチンチンの先からビュ~ッビュ~ッて出てった。

智弘ママの中でビクンビクン脈打たせてると、根元の入り口をギュッて締めつけてきて、それがまた気持ちいい。
「中でオチンチン、元気良く跳ねてる… 出ちゃったんだね」
初めての体験でどうしたらいいのか判らないまま身体を痙攣させてる僕に覆いかぶさってくる智弘ママ。
大きなオッパイが身体と身体の間に挟まれて形を崩してます。

心地よい余韻にまどろんでいるんだけど、僕のオチンチンはバカになっちゃったみたい。
少し小さくなってきてたのに、またムクムクと大きくなっちゃった。
「おばさん… また大きくなっちゃった…」
「あんっ…、そうだね。若いって凄いわ。 どうする?もっとする?」
こうなったら小さくなるまでお願いしてみよう。
すっごく気持ちいいし…。

智弘ママが身体の上から離れていきました。
アソコからズルンってオチンチンが抜けて、ふやけた風船が顔を出してます。
先端の所に例の白い液体が入ってて、これで中に入らないんだって納得しました。

智弘ママは自分の股間をティッシュでぬぐった後、丁寧にまた新しい風船を付け替えてくれました。
そして今度は四つん這いになってお尻をこっちに向けてきます。
「私ね、後からされるのが好きなんだ~」

やっぱり水着跡がキレイなお尻の間には、初めてまともに見る女の人のアソコ。
第一印象は”ホントにオチンチンがついてないんだ”って当たり前のことを思いました。

「今度はシンちゃんが動いてみようか」
僕はひざ立ちになって智弘ママのお尻の方まで来ると、また大きくカチカチになってる先っぽを割れ目にあてがいました。

「ここ?」
「そう、そこ」
根元を持ってゆっくりと腰を前に押し出すと、ぬるっと中に入っていきます。
この入っていく感触もとっても気持ちがいいです。
これからまたあの快感が待ってるって思うとゾクゾクしてきます。

先端のくびれの所まで無事に入って、もう抜ける心配はないと思うので、そのまま腰の所を両手で持って一気に全部中に押し込みました。
「は~~~~っ、おっきいい~~。ほんと深くまで来る」
身体をビクッとさせながらも、背中越しに嬉しそうでした。

この格好だとさっきよりも奥まで入るみたいで、少し残したまま突き当たりまで届きます。
「好きなように動いてみて」
今度はわりと自由に身体が動かせるってのもあって、僕は言われたとおり出し入れをしてみました。

うまくリズムがつかめず、途中で抜けちゃったりしてなかなか思うように出来ません。
一応抜けないように意識しながら、なるべく早く腰を動かします。

「シンちゃん、いいんだよ。遠慮しないでもっと突いて!」
「こう?(突)こう?(突)」
「そう、その調子っ!もっと私のこといじめていいからっ!あんっ」
「おばさんっ(突突)おばさんっ(突突)」
「あっ、あっ、あっ、すごいっ、すごい奥まで来る~~~~っ、気持ちいいよ~」

少しずつリズムも掴めて来て、段々と心に余裕が出来てきます。
そうなると僕のオチンチンでもっと智弘ママを気持ちよくさせたいって思い色々なことを試します。
ながーい抜き差しをしてみたり、奥の方ばっかりズンズンしたり。

一番気持ち良さそうだったのが、尻タブをギュ~ッと掴みながら思い切り奥の方までバンバン突きまくるってのかな?
それやると余裕無くなっちゃうみたいであんっ、ああああんって喘いでくれます。

手で身体を支えられなくなっちゃったみたいで、身体を突っ伏しながらお尻を僕に預ける智弘ママ。
毛の生えてないキレイなお尻の穴がヒクヒクしてエッチな感じ。

大人の女の人が僕に突きまくられて泣き叫んでいるのを見ていると、ますます興奮してオチンチンがすっごく硬くなってくるのを実感します。
この頃には智弘が寝てるってのは完全に頭の中から消えてました。

やがて智弘ママのアソコの中に変化が起こります。
全体がざわざわして来て何となく硬くなってきて…
そしたらいきなり全身をギュッと痙攣させながら叫びました。
「いっ、イキそう、イッちゃいそうっ、あっ、くううう~~~~っ」

その痙攣は30秒ぐらい続き、その間僕のオチンチンは締め付けられっぱなし。
ビクンビクン、ぎゅうっ!
こんなのがずっと続いて気持ち良かったです。

「すごいよ、中がぎゅ~~って締まって奥に引っ張られた~」
「はあ、はあっ、シンちゃんの凄いんだもんっ、イカされちゃった」
痙攣から立ち直った智弘ママは、荒い息を吐きながら褒めてくれます。

でもどうでも良かった。
オチンチンがギンギンすぎて早く動かしたかった。
僕もまた思いっきり中に出したかった。
だから今度は出るまで智弘ママをメチャクチャに突きまくってやろうと思ってのいきなりマックス!

尻タブをギュ~ッてしたり、後からおっぱい揉んでみたり。
いろんな事しながらとにかくズボズボしまくりました。

そんなこんなでまたまた出そうになって来た頃、智弘ママもイキそうになってました。
「まっ、またイキそうっ、ね?今度は一緒にいこっ?」
「うんっ、一番奥いっぱいするよっ!どうっ?どうっ?」
「いや~~~~んっ」
背中を仰け反らせて僕の勢いを受け止めてくれる智弘ママ。

むっと色っぽい匂いをたたせる汗ばんだ背中を見ながら、湧き上がってくるものを感じました。
「ううっ、出るっ、出ちゃう~~~っ!」
「いいよ、出して!中で出してっ!くうっ、あああ~~~ん」
智弘ママのアソコの中で僕が2度目の爆発をするのと同時に、全身をわななかせながら痙攣が始まります。

びゅ~びゅ~出しながら跳ね返っている間中、アソコのビクビクは止まりませんでした。
今度の快感の波は長く、立ってられなかったので、同じく寝転がってしまった智弘ママの身体の上に覆いかぶさるようにもたれました。

どのくらい時間がたったのか…
余韻の波が引くと、そのままゴロンと横の転がりました。
ズルンとアソコから抜けたオチンチンはほかほかと湯気が上がってるようです。
3回出した所でやっと僕のオチンチンはおさまってくれました。
気持ち良かったけど、めちゃ疲れた…

「どうだった?初めての体験は」
「ビックリした!こんな気持ちのいい事を大人ってみんなしてるんだ~って思った!」
「うふっ、そう?良かった~。また今度一緒にしようね」

そう言ってくれた智弘ママだったけど、すっかり僕のオチンチンに夢中になってしまったらしく、
その後智弘の弟を妊娠するまでの1年半の間、月に一回は僕の性欲処理の相手になってくれました。

もちろん必ずゴムを着用していたので僕の子供って事はありません。
密会する日が待ち遠しくて待ち遠しくて…
やっとその日が来た時には、朝から晩まで智弘ママを突き続けてました。

はじめの方こそやり方が良く判らないのでリードしてもらってたんだけど、何回も身体を重ねてるうちに段々僕の方もうまくなってきて、童貞じゃなくなって2ヶ月もした頃には、智弘ママはすっかり僕のオチンチンで何回もイケる様になっていました。

「シンちゃんのオチンチンって、旦那さんのじゃ届かない所まできちゃうの… すごく気持ちいい」
パパさんゴメンなさい。
智弘ママは僕のオチンチンの方がずっと気持ちいいって泣き叫びながら言うんです。

「そんな事言っちゃダメでしょっ!」
後からお尻をパシパシ叩きながら、調子に乗って一番奥を力任せに突き上げられるのがお気に入りで、
「あなたゴメンなさい~~ このオチンチンすごいの~」
と言ってすぐにイッちゃいます。

こんな感じで智弘ママとのエッチの回数もパパさんより多くなってしまった頃、別れの時が来てしまいました。
やっぱり続く訳がないんだよね。こんなこと・・・なんかパパさんが感づいてきたみたいで・・・

最後に一回やって「もう、これで終わりね」って言われたとき途方に暮れましたが、だからと言って智弘ママに迷惑かけるわけにもいかないので諦めることにしました。

でも、またやりたいなあ・・・。 

関連記事
安心・安全の無修正動画 カリビアンコム!

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧