妻にフェラさせてたら、巨乳ナースが欲情して…

私が事故で入院して早1ヶ月。40歳にして車をぶつけられて足を骨折。
はやり自由に動けないというのは非常につらい。なのでストレスも人一倍です。
ある日妻に頼みがあるんだけど・・・と妻にお願いしました。
もうかれこれ3週間以上抜いてない、だから抜いて抜いてほしい、と。


妻はここで?みたいな顔をしてましたが、
すぐに私のズボンとパンツをおろし、口にくわえると
とても病人とは思えないほどに勃起していました。

妻はカーテンを閉め直し、ふたたび私のアレを口に含み、
チュパチュパといつものように手で輪をつくり、
唾液を出し、シコシコしてくれました。

私のペニスはさらに勢いを増し、脈動し始め、
また病院のベットで、というのはありがちなAVの
設定みたいで、それがかえって私を興奮させました。

妻はまわりを気にしているようでしたが、それでも
ペニスを深々とくわえ、早くいかせようとしているが、
舌のからみと深くくわえているため、いつもより、
その感触が気持ちよく、ビクンビクンとさらに
ペニスがうなりはじめる。

「もういく?」「いや、もう少し」
もうそろそろ絶頂をむかえようとしている。
私は興奮の極みを味わっていた。すると、
ちょうど12時となり、病院内にはチャイムが
鳴り響き、それでも妻のストロークは続いています。

そのときです。看護婦さんが、佐々木さ~んと言って、
カーテンを開けてしまいました。

妻はハアっとして、びっくりした様子で、すぐに私の
ペニスを吐き出し、ズボンをあげましたが、大きくなって
いるため、引っかかってペニスは丸見えの状態です。

あとで聞いた話ですが、看護婦さんがカーテンを開けるまで
その存在に気付かなかったそうです。

ズボンは私がさっとあげましたが、看護婦さんは何か、
気まずそうに、いったんカーテンを閉めました。
そして、「すみません、いいですか?」と看護婦さんの声。
「あっ、すみません」と言って妻はどこかへ言って
しまいました。

体温測りますね、と看護婦さんが再度入ってくると、
まだズボンを見ると勃起しているのがわかります。
「気持ちよかったですか?」「ちょっとおじゃまでしたね」
ニコッと笑われてしまいました。

そしてさらに、
「奥さん上手そうでしたね」と言われ、なんでって聞き返すと
「佐々木さん、勃起してたし・・・」と言うので私は、
思い切って、見ろ、と言わんばかりにズボンを下げると、
「あらっ、まだ立ってるじゃないですか」
「そんなに溜まってるんですか?」と看護婦さん。

私は「そうなんです」と正直に答えると、看護婦さんは
そそくさにカーテンを閉め、
「私が抜いてあげましょうか」と小声で。

すると私のペニスを握り、口の中へ。
「あっ」思わず声が出ました。そして看護婦さんの大量の
唾液と、私の我慢汁でペニスがまたヌルヌルになり、
看護婦さんがペニスを根元までくわえるたびに、また、
体中がピクンピクンと反応します。

そして看護婦さんが根元まで皮を引っ張ると、カリの
部分があらわになり、その時体中に電気が走ったような
衝撃が・・・。
「こうしたほうが気持ちいいですか?」
と言いながら、さらにストロークが早くなっていきます。
そして、看護婦さんの口のなかで、今まで溜まっていたものが
大量に噴火してしまいました。

体中の力が一瞬にして抜け、数分の間、そのままの状態で
動くことができませんでした。
「いっぱいでましたね」と言って看護婦さんは全部飲み干して
しまいました。

でもその看護婦さんを見てると、巨乳であることに
気付きました。そして、
「看護婦さんいい胸してますね」
「触ってもいいですか?」
聞いてみるものです。看護婦さんは前のジッパーを下げ、
ブラを見せると、ほんとに巨乳でしかも色白で、きれいでした。

私はブラをずらし、生で触ってみると、柔らかく、私はまた、
勃起してしまいました。それを見て看護婦さんが、
「元気ですね、してみます?」
願ってもない言葉です。私はズボンをさげ、
看護婦さんの上半身だけ、ナース服を脱がし、
赤ちゃんのように乳首に吸い付きました。

「あっ、気持いい~、お願い~、入れてぇ」
看護婦さんをベットに手をつかせ、ストッキングを下げ、
濡れ濡れの看護婦さんのおま*こに一気に挿入すると、
「あ~っ、だめ~っ」声を我慢しているような感じである。
そしてお尻をわしづかみにして、さらにピストン運動を
加速させます。
看護婦さんの乳房はプルンプルンと揺れています。

そして看護婦さんの中へ、イってしまいました。

その時です、かすかにカーテン越しに人のいる気配を
感じました。それが妻だとすぐに直感しました。

看護婦さんとしている間、カーテン越しに妻の視線を
感じながらも看護婦さんは気付いてません。
「もう1回しよ」
その一言にもう見られたから、と開き直り、
久しぶりのエッチを堪能することに。

今度は看護婦さんをベットに寝かせ、たわわに実った
乳房を、ナース服の前のジッパーを全部開け、
もう一度乳房に吸い付きました。
そしてM字開脚にしてベットの横に座り、クリトリスを
チュパチュパすると、
「あっ、そこ、だめ~」
声が漏れてきます。

そしてもう一度ペニスを看護婦さんのおま*こに
ねじ込み、またピストン運動を再開。

ピストン運動をさらに加速させると、たわわに実った
乳房がゆっさゆっさとゆれ、それを手で捕まえながら、
激しく揉みあげると、
「あ~っ、気持いい~の、もっと激しく~」
看護婦さんももうブレーキが効かなくなっているようで、
さらに私を求めてきます。

看護婦さんの乳房は上下に激しく揺れ、なんか征服感みたいな
ものを感じ、ピストンを連発し続けました。
看護婦さんの乳房は妻よりひとまわり大きく、重量感があり、
揉みがいもあるし、目の前で上下に揺れている。

しだいに射精への意識が沸いてきました。私はこの白い巨乳に
私の濃い精子をぶっかけることを考えていましたが、考えれば
考えるほど、ピストンは加速していきます。

看護婦さんも私の首に手を回し、ピストン運動を感じ取って
いることでしょう。

そして私がピストン運動をするたびに看護婦さんの白い巨乳は
バウンドするように揺れ、それがまた私の興奮をよりいっそう
高める原因になっています。

そして私は絶頂を迎えることに。おなかの上に白い精液が
ドッピュ、ドッピュと流れだました。妻とした時の2倍以上の
おびただしい量がお腹の上に広がっています。 

 「気持ちよかった?」
「え、ええ」
すると看護婦さんはペニスをくわえ、きれいにしてくれました。
私の中にはもう妻のイメージはありません。この白い巨乳が
揺れていることを考えるだけで、妻とのセックスがすごく物足りない
ものだと感じることでしょう。

看護婦さんが、
「すごく気持ちよかったよ」
「またお願いできますか?」
「は、はい、喜んで」

おそらく妻は覗いていたと思います。妻はどこかへ行って
しまったと思いますが、看護婦さんのフェラ、そして巨乳を
見て、いろいろ考えてると思います。

その時私はそう思ってましたが、その後、まさか妻があんな
ことをするとは想像もしていませんでした。

しばらくして看護婦さんも去ったあと、正気に戻り
妻のことが心配になり、携帯電話に連絡してみようと、
公衆電話のある階に行こうと思い、松葉杖をついて
急いで行っていたところ、何気なく通りすぎた空き部屋で、
何か変な声がするのに気付きました。さっきエッチした
ばかりなので、そんな声に敏感になっている自分がいます。

とりあえず立ち止まり、ちょうど陰になっていて、ドアを
開けるところは誰にも見られないので、そっと覗いてみました。
すると、すると、すると、えーっ!と声を上げたくなる光景を
目撃しました。

どこのだれか知りませんが、男性看護士とエッチしているでは
ありませんか。でもよく声を聞くと聞き覚えのある声。
まさか、と思い、よーく見てみると、なんと妻ではありませんか。
それも私とセックスするときより、もっと気持ちよさそうな顔を
しています。

「あぁ~ん、あはあんっ、だめよ~、あ~っ、だめ~っ」
そっと中に入り、カーテンを少し開け覗くと、
妻が両足を広げ、手は看護士の首に回し、ちょうどさっき私が
看護婦さんとしてことと同じことをしているのです。

そして若い看護士はパンパンパン、と若さにまかせ、腰を振り、
鋭いピストン運動をしています。
さすがに若いなと思いつつ、なにをやっているんだ、とも思うが
声をかけることができません。ただ呆然と見ているだけです。

妻はベットの頭のところを掴んで、必死に喘いでいます。
「もっと~、もっとよ~、す、すごい~、主人のよりすご~い」
「奥さん、気持ちいいですか、ぼ、ぼくもすごくいいですよ」
「もっと、めちゃくちゃにして~っ、そうよっ、もっと、もっとよ~っ」

妻のあんな姿は10年以上ぶりに見ます。私とは半分お義理セックス
だったのかと思うくらい激しくよがっています。
そして看護士のダイナミックなピストンは私をさらに嫉妬
させました。でも私の下半身はすでに勃起しています。

「あっ、あっ、あ~ん、いくっ、いくっ、いっちゃう~っ」
同時に看護士もイってしまいました。こともあろうに妻の中に
全部出しやがりました。

終わってすぐ、その看護士が
「もう1回させてよ」
「いいわよ、もうスケベね」
こともあろうに、また妻が精子でよごれている男性看護士の
ペニスをくわえ、
「きれいにしてあげるからね」

するとまたペニスが元気になり、
「あら元気ね、若い人っていいわ~」
妻がチュパチュパペニスをくわえ、しごき、
いつもの妻のフェラとはだいぶ違い、唾液をいっぱい出し、
見たことのないような手と口の動き、なんともいやらしい。
あんなに積極的なんだ、と思いながら、私のアレはさらに
勃起度を高めています。

そして妻は四つん這いになり、看護士がまた妻のおま*こに
顔をうずめると、
「も、もう~、いやらしいわ~、あ~、あ~んっ」
「奥さんすごくおししいよ、それにグチョグチョだよ」
「も、もう、そんなこと言わないで~」
「まだまだきれいだよ、奥さんのアソコ」
「あ~ん、ま、またそうなこと~、いや~ん、あ~ん」
「ほ、ほしいの、は、はやく~っ」
「奥さん、何がほしいの、言ってごらん」
「また~、んん~ん、もう~、アレよ~」
「アレって何?」
「あなたのおちんちんよ~」
「じゃ入れてやるよ」
すると看護士はベットにあがり、妻のお尻を握り、
バックから大きなペニスを挿入してきた。

「あ~っ、ああああーっ、大きい、す、すごい~っ」
「奥さん気持ちいいよ、最高だよ」
「わ、わたしもよ、あっ、あっ、もっとついて~」
妻の喘ぎ声はさらに大きくなり、首を上下左右に振り、
そうとう気持ちいいのだろう、あんな妻のよがりかたは
見たことがない。

「だんなとしてないの?」
「あ~ん、し、してない~、あ~ん」
「かまってもらえないの?」
「そ、そうよ、他の女としてるのよ~」
「じゃ今日は奥さんは俺のものだね」
「そうよ、そう、もうめちゃくちゃにして~、おねがい~」

看護士の腰のストロークはさらに激しさを増し、
妻のちょっと大きめの乳房が前後に激しく揺れ、
そして看護士の手が妻の乳房を強く揉むと、
「もっと、激しくつかんで~、そ、そうよ~」
「あっ、あああ~ん、気持ちいい~」
看護士がさらに強く揉むと、よがっている妻は
さらに髪を振り乱し、看護士のピストンはさらに
加速していく。私はどうしようもない嫉妬にかられた。

若さでは到底かなわない、ペニスの大きさも私のより、
太くて硬そうである。そしてあの腰使い。
どれをとってもかなうものなどなかった。

看護士は今度は妻を上に乗せると、妻が騎乗位になり
また腰を振り始める。とその時、カーテンの隙間から
覗いている私の目と妻の目が合ってしまった。

妻は少しはっとした表情をしたが、すぐに目をそらし、
さらに私に見せ付けるかのように、腰を激しく振り始め、
看護士は妻の乳房をわしづかみにし、またその光景が、
AV以上に私を刺激させた。

妻の揺れる乳房、腰の動き、そして気持ちよさそうな表情。
上品な妻からは想像もできない。
「奥さんもっと動いて、もっと激しく」
「あ~ん、だめ~、そ、そんなこといっちゃ~」
「あーっ、あなた最高よ~、ぁぁ~ん、あああ~んっ」
看護士が妻の乳房を1人占めにし、上半身を起こし、
乳首に吸い付き、チュッチュ、チュッチュと聞こえる。

「噛んで~、もっと噛んで~、あ~ん、だめ~」
「こう、こんなかんじでいいの?」
「そ、そうよ、もっと突いて、もっとよ~」
私と目が合ってからの妻はさらにいやらしい声を出し、
看護士を求めています。

そして妻を寝かし、そろそろ絶頂を迎えるのでしょう。
正上位でさらにストロークを早くしたり、小刻みに腰を
動かしてみたり、妻はもう廊下まで聞こえるくらいの声を
出しています。

「奥さん、いくよ」
「あーっ、だめよーっ、あっ、私もいきそうーっ」
「どこに出したらいい?」
「中よ~、全部出して~、あっ、あっ、あーっ」
2人とも同時にイってしまいました。

それを見届けると私は、あまりの寂しさと、悔しさで
私はそっとその部屋をあとにして、病室に戻りました。
正直ショックです。

でも私も女性看護士とセックスをしたのは事実です。
でもこれでお互い1回ずつの浮気でフィフティフィフティです。
たぶん妻が私のセックスを見たときは同じように寂しくてショ
ックだったと思います。

妻が病室に戻ってきたら素直に謝ろうと思います。
あんな若い奴に取られてたまるか、でもくやしいです。

関連記事
安心・安全の無修正動画 カリビアンコム!

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧