囲われ者になった母

母が連れ去られてからもう2週間がたとうとしている。
母は半強制的に同級生の剛太のマンションで囲われているのだ。
剛太はマンションを買い与えられ、家族とは別居している。
噂では、姉を***したとかで、家族から見放されてしまったのだという。
かなり荒れた生活をしている剛太とその不良仲間がぼくの母に目をつけてしまった。


息子のぼくから見ても、母は美しく魅力的だ。高校生との息子がいるとは思えないみずみずしく透明感のある白い肌をした母は、ぼくの自慢の母だった。

はじめは剛太たちに母の下着を盗んでくるように強要された。暴力をふるわれ、ぼくは命令に従った。

母の下着を差し出すぼくは惨めな存在だった。洗濯をする前の母が身につけていた下着も要求された。

あろうことか、剛太はぼくに顔に母の下着をかぶせその姿を撮影した。
そしてぼくに自慰を強要してきた。

母のパンティをかぶったまま、下半身をむき出しにされ、
股間を自分の手でこするあまりの惨めさにぼくの目頭は熱く濡れた。情けないことにぼくは下半身に欲情の高ぶりを示してしまったんだ。
母の恥部の匂いを鼻腔に吸い込みながらぼくは勃起させてしまった。

剛太たちはとうとうぼくの自宅に押しかけてきた。友人を装ってあがりこんだんだ。
母が剛太たちに襲われたのはそれからまもなくだった。母は集団で***された。
その行為を撮影された。もっと恥ずかしい姿もとられてしまった。

全裸に剥かれて泣き崩れている母の前に立たされた僕は下半身をむき出しにされていた。
ぼくのものを口に含めと母は命令された。当然母は激しく拒否した。

剛太の答えは取り出したナイフだった。そのナイフの刃が僕の股間に当てたれた。
ナイフの脅かしに母は屈服した。髪をつかまれぼくの股間に顔を寄せられる母。

僕は羽交い絞めにされ、後ずさることもできない。とうとう母はぼくの股間に顔を埋めた。
ぬめ温かい母の口に包まれたぼくのものは一気に勃起した。こられきれないこれまでに味わったことのない快楽だ。

舌を使うように剛太が笑いながら母に命じている。その一部始終が撮影された。動画でも撮影された。

ぼくのものに母の舌が絡んでいる。熱い塊が下腹部に膨れ上がると、こらえきれない高ぶりに一気に放出した。

ぼくの精液を母は飲んだ。もちろんそれも剛太の命令だった。
剛太たちの暴力と恥ずかしい写真そして動画がぼくと母を支配した。まるで蜘蛛の糸が蝶をからめとるのに似ていた。

もがけばもがくほどに絡みつく蜘蛛の糸。それからまもなくぼくとは母
剛太たちが見物する中で一線を越えた。母と抱き合ったのだ。

見世物にされる性行為。そんな状況の中でも勃起し、母の膣に激しく抽送してしまうぼくの男の部分が呪わしい。

ぼくに組み敷かれて母は哀しい顔をしてすすり泣いている。それでいて母の膣は分泌された体液でおびただしく濡れていた。
性行為を終えた後の母の股間を眺めて笑う剛太たちは悪魔だった。

そして母はとうとう剛太のマンションに連れて行かれた。

関連記事
安心・安全の無修正動画 カリビアンコム!

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧