父から奪い取った母

震災の影響で、物不足になっているニュースに心配になり、お米や水を送ろうか、と母にメールを打つと、そんなものいらないから、早く帰ってきて、とのメール。
昔から臆病で恐がりの母は、地震が死ぬほど嫌いで、今も余震が続いている中で、どれだけ怖い思いをしているのだろうか、と考えると、いたたまれなくなって、簡単な食料だけを積んで、アパートを出た。


道路状況は、さほど悪くもなく、3時間ほどで実家に辿り着いて、すぐに家に入ると、玄関に出迎えに出てきた母は、僕の顔を見た途端に、ほっとしたのか、泣きだしそうな顔で走り寄ってきて、力一杯にしがみついてきた。

華奢な肩を震わせながら、潤んだ瞳で見上げる母に、「ばかだな・・・」と、笑って口づけた。

本当なら、震災直後に帰ってやりたかったが、こちらも停電や、仕事の絡みで、すぐに帰ってやることができずに、今日まで延び延びになっていた。

駄目だよ、と言えば、我慢できる人だったから、忙しなく電話やメールを送ってくることもなかったが、きっと母は、一日千秋の思いで、僕を待っていたに違いない。

久しぶりにメールをして、悲痛な訴えを小さな液晶画面の中に見てしまったら、居ても立ってもいられなくなって、わずか一泊しかしてやることはできないが、久しぶりに実家へと帰省したのだ。

「親父は?」と、尋ねると、母は、「仕事・・・」と、胸にしがみついたまま、もう、甘えた顔になっている。
おそらく僕の帰郷を告げては、いないだろう。

「じゃあ、今夜は・・」
「帰ってこないわ・・」
水道会社に勤めている父は、3日に一度は夜勤になる。
今は、震災の影響で、日勤でも帰れない日があるという。

だが、あいつが家にいたところで、何も遠慮なんかするつもりはない。
あいつは、もう僕たちの家族じゃない。
「そっか・・・」
細い腰を引き寄せて、もう一度口づけた。

きれいにウェーブの掛けられた髪の毛の、昔と変わらぬ甘い匂いを、胸一杯に吸い込んでいたら、沸々とこみ上げるものがあって、体は、素直に反応していった。

唇を離すと、さっきまで泣きそうな顔をしていたくせに、もう、嬉しそうに微笑んだりしている。

僕が帰ってくるとわかっていたからか、ひどく小綺麗な格好をしていて、唇には、薄いルージュも塗ってあった。

昔から、若々しい顔立ちの人で、未だにスタイルも維持してる彼女は、ぱっと見た目には、30代くらいにしか見えない。

「お腹、空いてない?」と訊かれて、首を横に振った。
母は、僕の顔を見て、ほっとしたりもしていたが、僕だって、こんな間近に母を感じて、嬉しいのは同じだ。

僕の荷物を運ぼうとしていた母を、何も言わず両手に抱きかかえた。
不意に体が浮いて、母は、「きゃっ!」と小さな悲鳴を上げ、一瞬だが、怯えた目を僕に向けた。

もう、この人に、非道い乱暴なんかするつもりはない。
「まだ、明るいよ・・」
腕の中で、恥ずかしそうに、子供じみた言い訳をする母を、無言のままに、2階へと連れて行った。

高校生の頃の僕は、お世辞にもまともな人間じゃなかった。
僕が、犯罪者にもならずに、こうして今でも真人間として生きていられるのは、母の献身的な支えがあったからに他ならない。

「恥ずかしいよ・・・」
小さな声で、そうささやいた母は、耳たぶまで真っ赤にして、ほんとに恥ずかしそうだった。

彼女の細い身体をベッドの上に横たえて、その傍らに胡座をかいて座りながら、ずっと眺めていた。

スカートは、大きくめくり上げられ、僕のために穿いたのであろう、洒落た模様の小さな下着は、すぐ目の前で露わになっていた。

ただ、ずっと眺め続けた。
焦ることなんてない。
血の絆のない女性には、こんなことをしない。
彼女たちの腹の中が読めないからだ。

だが、母は違う。
考えが読めるわけじゃない。
ただ、僕を絶対に裏切らない、とわかっているから、僕は、落ち着いて、思いつくままのことをするだけでいい。

すぐにでも抱いてしまいたかったが、久しぶりなこともあって、じっくりと楽しみたかった。

むっちりとした太ももを、そっと撫でると、「んっ!・・・」小さく呻いて、母は、身体を震わせた。

まだ若々しく張りきって、脂の乗った肌だった。
その吸い付くような手触りの良さは、これまで抱いてきたどんな女も、はるか遠くに及ばない。

高校生の頃は、この肌に取り憑かれたようになって、寝ても覚めても、飽きることなく抱いていた。
あの頃は、腹の下で悶えさせることだけが、真から母を手に入れる方法だと思い込んでいた。

二十歳を過ぎた今では、そんなこともなくなった。
肉体だけではなく、魂でも繋がっている。そう思えればこそ、僕の中には、不思議な余裕も生まれている。

目は固く閉じたままで、足もぴたりと閉じたままだった。
焦ることなんて、全然ない。
じっくりと、楽しめば、それでよかった。

ふっくらと、盛り上がっている股間に手を伸ばした。
軽く触れて、撫でてやると、さも切なそうな甘い声を出す。
荒々しさなんて、必要ない。
そっと、そっと撫でつづけた。

「お願い・・・」
今にも、泣き出しそうな顔で見つめられて、やさしく口づけた。
こうして、焦らされるのが、母には一番辛くて、堪える。
切なさを訴えるように、口の中で彼女の舌が暴れる。
一生懸命、僕にしがみついていた。

こうなってしまえば、母はもう、僕の言いなりでしかない。
まだ、服は着たままだった。
仰向けに寝転がると、すぐに母が、シャツを脱がせにかかる。
少し、怒ったように僕をにらんでいた。
意地悪をされて、悔しいのかもしれない。

ボタンをすべて外し終えて、シャツの前を大きくはだけると、中のTシャツをたくしあげて、胸に唇を寄せてくる。
そうして、僕を気持ちよくさせながら、母の手はしっかりとズボンのベルトを弛めている。

ベルトを外してしまうと、パンツごと、ズボンを下ろしてしまった。
足先から抜き取り、下半身だけが露わになると、もう、待てないと言わんばかりに、すぐに手のひらに包んでいく。

いかにも大事そうに頬ずりを繰り返し、丁寧に舌を這わせてから、口の中奥深くまで、味わうように飲み込んでいった。

両手を頭の後ろで組みながら、眺めていた。
ほんとうに大事でならない、という母の気持ちが、眺めているだけでも、よく伝わってくる。

僕の視線など気にもせずに、ひたすら口づけていた。
自分の唾液に頬が濡れるのもかまわずに、両手に握り締めながら、何度も頬ずりを繰り返す姿は、オモチャを取られまいとする子供のようにも思えて、ひどく可愛らしかった。

きっと、母は、僕が次のアクションを起こすまで、ずっと舐め続けていることだろう。
そんな風に躾けてきた。

目を閉じて、しばらくは、母の口での奉仕を愉しんだ。
股間が彼女の唾液で、ぐっしょりと濡れ、冷たさを覚えた頃に、手を取った。
見事なまでに、口の周りどころか、母の頬までがびっしょりと唾液に濡れていた。

顔を寄せさせて、舌できれいに舐め取ってやった。
母は、気持ちよさそうに目を閉じていた・・・。 

関連記事
安心・安全の無修正動画 カリビアンコム!

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧