3Pしたがるスキモノの友達夫婦

3年前に、それまで2年間程付き合っていた友達のカップルが、籍だけ入れ同居を始めた頃の話です。2人はアパートを探し、引越しをする事になったので、俺は実家が商売をしてるのでトラックがあるから、友達の浩二と明菜の、それぞれのアパートから新居への引越しの手伝いをしました。引越し最終日に、荷物の片付けが終わったらお礼をしたいので遊びに来てくれと言われました。


俺はこの2人より一足先に結婚をし、子供が無いままスピード離婚をしていた。
だから、今までは4人でダブルデートや誰かの家に集まって飲み会とかをしていたが、離婚してしまって、初めて引越しも飲み会も1人での参加でした。

しばらくして連絡があり、鍋をやろうと誘いがあった。

手ぶらでいいと言われたが、そうもいかず酒を持参して行くと、既にダイニングテーブルには鍋の用意がしてあり、キッチンでは明菜がなにやら準備をしていました。

2人で家賃を払うだけあり、築2年で3LDKという造りで広々とした感じの所でした。

テーブルに着き、まずは一杯と男2人で飲み始めていると、浩二はこんな話しをしてきた。

「実は、お前には黙っていたけど明菜には変な性癖があるんだよ、何だと思う?」

突然の話の展開に、俺は答えに困り、こんな話ししていいのか?明菜に聞かれてないか?と気になり、キッチンにいる明菜に目を遣り、改めて見ると、答えが分かった気がした。

ダイニングに俺が通された時は、

「いらっしゃい」

と声を掛ける為にこちらを向いていて、エプロン姿としか分からなかったが、今は後ろ姿が見えていた。

エプロンの下の格好は、パックリ背中の開いた服で、かなりのミニスカートだった。

「まさか、露出?」

と俺が聞くと、浩二はニヤニヤしながら、

「そうなんだよ、俺も最初は驚いたし止めて貰いたかったけど、「誰も解ってくれないし、それが原因で別れたりしたけど、浩二も解ってくれないの?」なんて言われてさ~、最初は仕方なくだったけど今は2人で楽しんでるんだよね(笑)」

話を聞くと、俺に内緒だったのは、女房がいたかららしい。

プチ露出する為に少し離れたショッピングモールに行ったり、夜のドライブや夏に2人でキャンプした時の話しは、もっと大胆な内容だった。

そして今日、何故か2人の楽しみを俺に解って貰おうと、初お披露目をしたくて呼んだ、と持ち掛けてきた。

反対はしないが突然の事で戸惑っている、と浩二には伝えておいた。

明菜が支度を終えダイニングにきた。

ダイニングに来る時にはエプロンを外し、背中の開いた服にミニスカート姿で、野菜や肉等の食材を運んできた。

そして、俺の向かい側に座った。

背中が開いていたのに、ブラが見えなかったのは、してなかっからか、と向かい側に座り鍋に食材を入れている姿を見て気付いた。

それ程ピタッとした服ではないが、体にある程度フィットしているので、形も乳首もハッキリしていて、動く度に揺れていた。

ジーッと見ては失礼かとも思ったが、露出が趣味で見られる為にやっているなら、いいのかな…と見ていると、浩二が

「結構デカいだろ?」

と言うから、俺はその言葉にハッとしたが、

「ん?部屋の事?」

と、とっさに話しを誤魔化そうとしたが、

「お前が今、穴が開くくらい見てた所だよ(笑)」

と言われ、明菜を見ると確かに大きいと思った。

明菜が、

「あの話、してくれたんだ?でも帰らずに居るって事は、理解してくれたんだよね?」

と俺を見た。

「趣味とかは、人それぞれだからって考えだから、よく分からないけど、良いとか悪いとかは無いよ」

と、当たり障りのない答えをしておいた。

浩二も明菜も、外でも脱いでいるからなのか慣れたモノで、新居への引越し祝いだ、乾杯しようと言い、乾杯を改めてして3人での飲み会がスタートした。

今までの露出のエピソードを色々と話しているウチに、ストーブは点いているし、鍋をするカセットコンロの火もあるので、俺は

「暑いね、1枚脱ぐよ」

と席を立ち服を脱ぎ、長袖を捲りながら席に戻った。

するとホロ酔いの浩二が、

「じゃぁ全員、服を脱ごう!」

と言い出した。

明菜は

「え?もう全部脱いじゃうの?早くない?」

…何やらこの2人、企んでるなぁ。

プランがあったのか?と思わせるような言い方をしていた。

明菜は、そんな事を言いながらも席を立ち服を脱ぐと、上半身裸になった!

浩二も上半身裸になろうと1枚脱いだが、

「酔って熱い物を食べるとヤケドするから、やっぱりTシャツになるだけにするか?」

と明菜だけ上半身裸にさせておいて、そんな勝手な事を言っていた。

俺はまだ脱いでないからどっちでもいいのだが、席を立って上半身裸になった明菜は浩二の言葉に無反応のようだった。

しかし、明菜は上を脱ぎ、続いてスカートに手をやったが、皆が脱がないならって事なのか、スカートは脱ぐのを止めて座り直した。

俺は、少し話が途切れていたので

「明菜は、いつから露出をし始めたの?」

と聞くと浩二は

「そうだよ、いつからか俺も聞いてなかった、キッカケとかあるのか?」

と続けた。

明菜は、少し考えこう答えた。

「小5くらいの時に、家族でキャンプに行こうってなって、1人っ子だった私は誰か友達を誘っていいか聞いたら、お父さんが親戚(中2と小6の兄弟)を誘ってあるって言われたの」

「この2人とは仲が良く、もっと小さい頃から家に遊びに来たり、私が行ったりしていて一緒に、お風呂に入ったりしていたのね。河原に着くと、親は親でテントを張ってて、子供は子供でテントを張り、親戚の兄弟の兄の方が学校でキャンプをやるので練習したいから、火を起こす事も何もかも子供同士でしたいって言い出して、親のテントから離れてテントを張ったの」

「キャンプ場じゃないから、他にキャンプしてる人はいなくてね、夜寝る頃になると、バーベキューをしてた人達は帰ってしまって、私達家族だけになったの」

「寝る前にテントの中でトランプをやる事になり、負けたら服を脱ぐってルールになったけど、一緒にお風呂に入ったりした事もある事から、半ば強引に決まったけど、あまり抵抗は無かったのね」

「親も2人きりになりたかったのか、兄弟の様に接していたからか、私が別のテントになって、それが男の子2人とでも何も言わなかった」

「その上負け続けて全裸になったら紙コップに川の水を入れて戻って来るって罰ゲーム付きになったの」

「多分、今考えるとイカサマをされてたのかもね、私は立て続けに負けてしまったの」

「多分、中2の兄ちゃんの方が仕組んだんだろうね。全裸にされちゃって恥ずかしかったけど、嫌ではなかった」

「だけど、テントを出れば1人で川に行くから見られなくなるって思い、紙コップを持って全裸で外に出たの」

「でも本当に川まで行くか、親に言い付けないか2人が確認する為に見てたのよ」

「でも外に出たら、なんて気持ちいい開放感なんだろうってなったし、不思議とイヤという気持ちは無いし、川まで行く時もドキドキのスリル感が新鮮で楽しかった」

「コップに川の水を入れて戻ってきたけど服を着る事は許して貰えずにいたの。けど、その時さえも嫌ではなかったなぁ」

「嫌なのは、2人のイタズラがエスカレートしていき、トランプに負け続ける私に罰だって言って、チンコを触らせたり、四つん這いにさせたりしてイタズラしてきた事だったのよね」

「それが段々と怖くなって、親のテントに行こうと逃げ出したんだけど、親のテントを開けてビックリ!思った通り親も2人きりになりたかったって確信したよ」

「だって全裸で抱き合ってた…(笑)」

「慌てて追い掛けてきた2人も、1人は裸、もう1人は下半身裸だったけど兄の方が、「キャンプのテントの中では皆こうするんだよ、ね?叔父さん?」と言われ、お父さんもタジタジ…バツが悪かったのね、「そうだよ、だけど子供はもう遅いから、必ず服を着て早く寝なさい」って顔を真っ赤にしながら言ったの(笑)テントに戻り、でも裸のままで朝まで過ごしたのよね」

「手で触り合いはしたけど、それ以上の事はしなかった」

「それは、何回か親がテントを開けずにだったけど、「寝たかぁ?」って見回りに来てたからかね(笑)?キャンプって、そんな事あるわけないって疑ってはいたけど、当然そんな事は無いって後で知ったには知ったんだけど、外で裸になる気持ち良さを多分その時に感じて忘れられなくなってたのね」

「それからチャンスがあると外で裸になったり、胸や下着を出したりしてみたの」

「露天風呂なんかは特に好き!堂々と外で裸でしょ?気持ちいいって言ってる意味が違うんだけどね(笑)」

「最初は見られないようにって、こっそり露出してたけど、ある日見られてしまった時に、私もだけど相手もビックリするんだ!ってなったら、驚かせるのが面白くなったり、チラ見せをしていると、気付いた男の人が一生懸命に覗こうとする姿が可愛く思えて、更にやめられなくなったのよ」

「なんだか、見せるパターンが増えたってなってね」

「…でも、彼氏ができる度に露出が見付かったり、見付かる前に話すと、怒られたり別れられたりだったの…」

「でもやめる気にはなれなくて、ついやってしまうし、脱ぐチャンスや脱げそうな場所を探しちゃってるのよね」

「浩二が初めて理解してくれたっていうより、イヤイヤだったかも知れないけど、付き合ってくれる人だったのよね(笑)」

こんな事を言うようには全然見えない明菜が、上半身裸で話してる姿を目の当たりにして、俺はただただ驚いた。

男も女も露出狂の人って、同じなのかな?と思って聞いていた。

いきなり裸を見せて、驚いた相手を見て喜んでいるのかな?と。

でも、同じ裸になるって行為も、男女ではリスクが違いすぎるんじゃないかなと思い、質問してみた。

「浩二と会う前は1人でやっていたんでしょ?裸になって、襲われた事はないの?」

明菜「人通りが少ない立体駐車場で、裸にコートだけで柱に隠れて脱ぐチャンスを伺ってたら、いきなり反対側から声をかけられたの。慌てて裸になって、柱の陰から走り出して、助けて~って叫んだら逃げてったわ」

と笑って話していた。

今起きてる事が、現実なのかとも疑ってしまう光景と話しの内容に、つい股間が反応していた。

元々そんなに酒に強くない浩二が、だいぶ酔っ払ってきていた。

鍋もだいぶ材料が無くなって、酒も進んでいたし、疲れたのでダイニングからリビングに移り、ソファーに座り鍋の残りを取り皿に移し、それをツマミに酒を飲んでいた。

浩二が

「風呂入るか?」

と言うので1番風呂を頂いた。

用意してくれたスエットに着替えリビングに戻った。

続いて浩二が風呂に行き、明菜と2人きりにされた気になり、少し緊張していた。

ほぼ裸にエプロンという格好の明菜と、会話する事もなく居ると明菜は、

「私もお風呂に行くけど、ゆっくりしててね」

と言い、浩二が風呂にまだ居るにも関わらず風呂に向かった。
 
テレビも点いてないシーンとしたリビングで飲んでいたら、風呂場から明らかにヤッてる声が…何事もなかった様に浩二が先に風呂から戻ってくると、ソファーに座り、2次会だと乾杯し、飲み始めた。

明菜が風呂から戻ってきた格好は、また裸エプロンに違うミニスカートで、さっきのスカートより短くてヒラヒラしていた。だから、見えそうで見えないっていう、絶妙さが堪らなかった。
   
しばらく飲んでいたら、浩二はコックリコックリとしてきたので、

「そろそろ俺、帰るよ」

とリビングから、キッチンに居る明菜に言うつもりでダイニングの方に顔を向けると、明菜は床を拭いていた。

四つん這いになり、ケツをこちらに向けていたその姿を見ると、な、なんとノーパンのようだったような…。

すぐに顔を引っ込めたが、振り向いた明菜と目が合った気もしたが明菜自体が見られても気にしない為か、何も反応はなかった。

が、俺は1人で勝手に興奮していた。

すると明菜は、

「使ってない部屋に布団が用意してあるから、泊まっていって、浩二にも言われてるでしょ?」

と言われた。

俺は返事に困り黙って、また飲み続けていた。

しばらくして、ダイニングの方の後片付けが終わったのか、明菜がリビングに来て座ったまま寝入っている浩二の横に座り、飲み始めた。

エプロンにミニスカートだけの姿で…。

浩二の横だが、俺の目の前になる位置で明菜は座り、飲んでいる。

ジロジロ見ている俺に気付いた明菜が

「どぉしたの?眠いの?布団が敷いてある部屋に行く?」

と聞かれたが、

「まだ大丈夫だよ。…それより浩二は、もう起きないかなぁ?」

明菜は、

「本当ねぇ、相変わらず弱いでしょ?いいよ、寝かせておけば」

と言い、何も気にしない感じでいた。

必死に股間を覗き、ノーパンなのか、黒い小さい下着なのか確かめたかったが、何せ明菜を目の前にしてそれはできなかったので、酒に酔った勢いもあってか、気付いたら聞いてしまっていた。

「下着は黒?さっき床を拭いてるの見ちゃったけど…」

明菜は、スカートを捲り足を開きながら「穿いてないよ」
とハッキリ割れ目まで見せてくれたので俺は

「おいおい、マジかよ…。見せちゃうかなぁ…」

明菜「うん、別に平気」

俺「どこまで平気?」

明菜「全部」

俺「アソコも見えたけど、いいの?」

明菜「うん、もっと見たい?」

俺「うん…、あ、いや、そうじゃなくて、浩二が寝てるからって、いくらなんでもそこまでしちゃうのかなぁって…」

明菜「寝てるからじゃなくて、起きててもしちゃうけど」

俺「マジ?」

明菜「郵便やピザの宅配を受け取る時も裸エプロンだったりするよ」

俺「その見られる行為だけで気持ちいいの?」

明菜「うん、気持ちいいよ。何で?」

俺「見せるだけでね…。ふ~ん。浩二はそれが許せるんだね?触られたりした事ないの?」

明菜「郵便屋とかピザの宅配の人はさすがに触ってこないよ。浩二がいる時しかピザ頼まないしね。でも時々、外での露出の時に、プレーの内の1つとして、最近は他人に触らせるプレーもしてるよ。キッカケは、前に2人で混浴露天風呂がある温泉に行って、ジロジロ見てきた若い男2人に、浩二が「また見たいか」聞いてみたの。当然見たいと言われたから先に部屋に戻り、どうせなら、カメラで撮ろうかって話をして決めたの」

明菜「だから、その後浩二が2人を探してきて部屋に招いて、私の浴衣の胸の所を開いて見せてたの。それを覗いてるって所を浩二がカメラで撮ってたのね」

明菜「私やその2人に色々なポーズをさせていた時に、その2人が勢い余って触ってきたの」

明菜「浩二は何も言わずに撮り続けていたから、いいのかな~って雰囲気になったから、私も2人に触らせてたの」

明菜「そしたら、2人に押し倒されて胸を吸われちゃったのよ(笑)まぁ、そこで浩二が、やり過ぎって言って止めたから、それ以上の事はなかったんだけどね(笑)だから、それから時々だけど、触られるのもプレーの一つとして、自然にオッケーになっちゃっていったのよね」

それを聞いてたまらず俺はつい、

「俺がもっと見たいし、アソコもって言ったら、どうする?」

と聞いてしまっていた。

すると明菜は

「触られたり、吸われたりした経験があるから見られるのなんて、小さい頃から慣れてるし見られるの好きだからから別にいいけど、見たいの?」

俺「うん、見たい」

明菜「脱ごうか?」

と言うと立ち上がったので俺は焦り気味に

「浩二がもし起きたらでいいよ(汗)なんか、寝てる隙に、みたいで後ろめたいじゃん」

と言うと明菜は

「じゃぁ、起こして聞こうか?ねぇ浩二!見せてもいいでしょ?」

と隣で寝ている浩二を揺すった。

浩二は起きる気配がなかった。

俺「いいよ、気持ち良さそうに寝てるから、寝かせてやりなよ」

と言うと明菜が

「見たいのにコソコソしたくないなら、起こすしかないでしょ?それとも見たくないの?どっちよ?」

と迫るので、俺がタジタジになってたら、明菜は

「浩二に、見てくれって言われなかった?見ていいって言われたでしょ?で、見たいんでしょ?…なら勝手に寝た浩二は気にしなくていいし、私も見せてもいいって言ってるんだから見ればいいでしょ?それに、暑いから脱ごうと思ってたけど、なんだか遠慮してたのよね。でも見たいなら私が勝手に暑くて脱いだって事にしておけばいいでしょ?」

と言うが早いか、明菜は立ち上がりエプロンを脱ぐとスカートも下ろし、全裸になった。

何でこんなに迫ってくるかなぁ?と思ったが、脱いでいる明菜を見ていた俺は、俺も男だ!と度胸を決め

「そのまま隣に来て」

と言ってしまったが、明菜は素直に隣に座り、

「触る?」

とだけ聞くと、目を閉じた。

ゆっくり両手で揉み、口を付け舌を乳首から下腹部へと這わせながら明菜を押し、寝かせた。

足を持ち、開かせると明菜の下の口がパックリと開いた。

ビラビラはそれ程大きくなく、ソファーの横のスタンドの明かりが反射をして、露が出ているのが触る前から判る程になっていた。

指で開き、見ていたらピューッと俺の顔に出てきた液がかかった。

本当に見られるのが気持ちいいんだ。

見てただけで、潮を吹いた。

「あーはっはっはっはっはっ」

浩二が笑いながら起きてきて言った。

「な、見られるだけで感じてイッちゃうだろ?」

笑い事?と思っていたら、浩二が続ける。

「さっき風呂でもイキまくりだよ、裸を見られてたから、それだけで濡れ濡れだったし、ヤリたくて仕方なかったって風呂で、俺は襲われただよ」

今のこの状況で笑ってられるのが、している俺が言えた義理じゃないが、信じられない。

普通なら俺は間男だよ。

殴られたり、いや、刺されても文句を言えるような状態じゃない。

なのに、潮を吹きかけられた俺を笑ってるなんて…。

俺「スマン、つい…」

浩二「いいって言ってるだろ」

明菜「ね?大丈夫だったでしょ?ねぇ、足を放して貰ってもいい?起き上がりたいよ」

俺「あ、ゴメン」

浩二「さぁ、布団に行って続きをするか、また宴会をするか?」

明菜「あ~ん、お布団に行こうよ~」

と明菜は俺の手を引いていた。

明菜の一言で決まったって雰囲気になり、促されるまま3人で布団が敷いてあるという部屋に移動した。

部屋に着いたらなんと、2組敷いてあった。

浩二「続きをしていいよ(笑)したいんだろ?じゃなきゃ、俺がするかな(笑)裸を見られただけでイッちゃう明菜がセックスを見られたらどうなるか初めて見れるからなぁ(笑)」

俺「俺も人のセックス見たいし、凄く感じまくる明菜を見たいから、お先にどうぞ」

と言うと、浩二が明菜に飛び付いた。

浩二は明菜に激しい愛撫をすると、叫び声のような声を上げて明菜は感じ、次第に布団はビチャビチャになっていった。

浩二は、焦らして挿入をせずに自分のモノを、しゃぶらせたり明菜のアソコを触ったりしていたので、俺も入れったくなり四つん這いで浩二のをしゃぶっている明菜にバックで挿入してしまった。

お漏らしをしたのかと思う程になってる明菜のアソコは、何の抵抗もなく受け入れてくれた。

ピストンすればするだけ溢れ出てくる露と声と、このイヤラシイ状況で俺は、あっ!という間にイッてしまった。

背中に出た俺のを気にせず、仰向けになり、正常位で浩二を受け入れながら、俺のをお掃除フェラしていました。

恥ずかしいが、その状況をイヤラシイと感じた俺はまた、明菜の口に発射して明菜に飲ませてしまった。

浩二は、夫婦だから当然中出しして、更にお掃除フェラをさせ終わると、また明菜に俺のをしゃぶらせた。

と、夜中まで3Pは続いた。

途中、何が何だか解らなくなり、俺も明菜に中出しをしちゃったかも…と思ったけれど、2人も気にしていないみたいだから、言わずにいた。

あれから3年経ち、俺は新しい彼女ができ、婚約をしました。

浩二と明菜は2人子供ができ、今ではいい家庭を築いています。

長男は…俺似?かな…?

浩二家族4人と、俺と彼女は仲が良く、たまに旅行したり、飲み会をしたり女同士だけで買い物に行ったりしています。

そうやって会っていて以前、旅行に行った時には、女同士で家族風呂に入ってる所に俺と浩二は子供達を連れて風呂に乱入するって強行に出て、全員で裸の付き合いをする事に成功しました。

勿論、露出狂だって事や3Pした事はまだショックがあるかと思うので、俺の彼女には内緒にしてますけどね…。

来年、俺も籍を入れます。

しかも彼女のお腹には、俺の子が(喜)

関連記事
安心・安全の無修正動画 カリビアンコム!

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧