カップル同士でチ**当てゲームしたら…

男友達の家で宅飲みをしていて、ひとりが、
「AVでさ、彼氏のち*こ当ててくださいってやつあるじゃん。あれウケるけど、実際にあんなシチュエーションってありえないよな」って言い出した。
そいつはガチエロなのとか、ストーリー性があるものよりも、そういう企画ものを好むやつで、たしかに言われてみれば企画ものAVとかの内容って、現実で出会うことはまずないシチュエーションのものばかり。


「実現、しようと思えばできるんじゃない?」
って一人が言い出して、じゃあやってみるかって盛り上がった。

その日はまぁ冗談だろってくらいに思いながら帰ったんだけど、その後、言いだしっぺからラインが入った。
「用意したから、各々の彼女連れて集合な」
貼ってあったURLを確認してみたら、コスプレイヤーとかが使うようなスタジオ。
それも、ハウススタジオってやつで、普通の家みたいなやつ。

で、彼女には詳しく話さずに当日連れていって。
女の子たちには、みんなでホームパーティーをするって話して、お酒もじゃんじゃん飲ませた。

その後、各々の彼女に、目隠し。

「彼氏のことが好きですかー?」
「好き」「私も好き」「好きだから付き合ってるんじゃん」
って口ぐちにいう彼女たち。

「で、この目隠しなんなの?なんかやらしいんですけどー」
「ま、やらしいことすっからね」

目隠しをつけたまま、大きなベッドルームへ彼女たちを誘導。
そして一列に並ばせて、カーペットの床に座らせた。

「じゃあ、今から、自分の彼氏を当ててください。彼氏のだって思ったら、キスしてくださいね~」

ズボン脱いで下半身を丸出しにして、ずらりと並んでいる女子たちに、ちんこを握らせていく。
この異常な状況で、興奮しないわけがないから、がちがちの勃起状態のものを握らせることになる。

「これ…って、ちょっともう!これ、アレじゃん!でもこれ、うちの彼のじゃないかも」

自分の彼女に握られて、「違う」って言われたやつは意気消沈。
けど同時に、「これ、私の彼の!」っていった女の子とセックスできるわけで、うれしいやら悲しいやら。

女の子たちには目隠しと耳栓もしているから、こっちが少しくらい話しても聞こえはしない。

オレの番がきて、オレのちんこを彼女に握らせたら、
「これ……ちょっとちがう…??」
違わないよ!!って思うけど、口だしはできない。
で、女の子たちが一本ずつ選んだちんこにキスして、相手が決まった。

オレの彼女は、この企画の言いだしっぺのやつを選んだ。
で、みんな胸触ったり下の方触ったり……好き勝手にいろんな場所で始めたんだけど、彼女たちはみんな「自分の彼氏だ」って信じて疑わないわけ。
耳栓のせいで、相手の声とか聞こえないしね。

スタジオのいたるところから喘ぎ声が聞こえてくるっていう状況で、やっぱみんな自分の彼女が心配になってくるわけ。
4組のカップルが参加していたんだけど、ここで男子が集まって、2組ずつカップルをわけて、彼女を交換しようってことになった。

そうすれば、近くでセックスすることができるから、彼女が無茶されていないかどうかもちゃんと確認できるってわけ。
で、グーとパーで別れて、オレの彼女と言いだしっぺの男、その男の彼女とオレで、始めることになった。
ほかの2組は、リビングで始めているようだった。

俺たちは広い寝室のベッドの上ですることにした。
お互い、彼女の体中にローションを塗りたくる。胸も、あそこも、全部ぬるぬる。

ローションたっぷりの指で中をほぐして、四つんばいにしてバックで挿入。
尻を軽くたたいたりしながら腰打ち付けると、パンパンと音がして、興奮する。

オレの彼女も、今まさに挿入されている。
仰向けにされて正常位で挿入され、がんがん突かれながら胸を揉まれている。

そこで急に、
「えっ…や、なんか変…ぜったい私の彼じゃないよね……?」
って不安な声を出した。
で、男同士、顔見合わせて、目隠しと耳栓を取ってあげようということになった。

目隠しと耳栓を外したら、彼女、自分とつながっている相手を確認して泣きそうな顔をして、すぐにこっちみて、
「よかった…いてくれたんだ」
ってにっこり。

それがすっごいうれしくてさ。
なんかすごい好きだ!って思って、その気持ちを今つながってる子にぶつけた。

「やっ、ヒデちゃんの彼、けっこうすごいかも……私、もうイきそ……っ」
「そっちだって、彼さんなかなか、いいねっ…っん、私も、もう、もたないかもっ」

同じくらいのタイミングで女の子ふたりがそう訴えて。オレたちも、ラストスパート。
もちろん避妊しているから、最後はつながったままで射精して……抜いたら、オレの彼女がこっちに体乗り出してきて。

「ショックだったんだけど。お詫びに、そのせーし、ちょうだい?」
って、オレのつけてたゴムを外して、口の中に白いのをたっぷり落として。

「う…ん…。へへ、ちょっとゴムのにおいするね。ちゃんと直接味わわなきゃ、やっぱりダメだね」
って、オレのを口で綺麗にしてくれた。
そのあと、「こっちもゴム臭い」って言われたけど。

言いだしっぺのやつも、彼女に口で綺麗にしてもらって、頭撫でてやったりしていた。
その後みんな順番にシャワー浴びて。
リビングに男4人正座させられて、彼女たちにたっぷり叱られました。

オレの彼女は、みんなと別れて帰ったあとに、
「やだったけど、でもなんか、仲深まった気がするね」
って言ってたわ。

関連記事
安心・安全の無修正動画 カリビアンコム!

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧