犯される母の姿に興奮した僕は…

学校から帰った僕は、普段、気にもしない郵便受けに目がとまった。
大きな封筒が半分以上はみ出したまま、受け口に差し込まれていた。
郵便受けから抜き取ってみると、表も裏も、その茶色の封筒には何も書かれていなかった。
それに、封も糊付けされていなかった。
僕は早く家の中に入って、冷えきった体を温めたかったけれど、
その得体の知れない封筒が、何だかとても気になった。


手袋をしていても、かじかんで震える指先で中身を探ると、
その中から、母の写真が出てきた。
A4サイズで、二十枚近くあった写真には、すべて母が写っていた。
とっさに僕は辺りを見回した。

誰かが、僕を見ているのではないかと思った。
でも、通りをはさんで家々が向かい合う新興住宅街に、人の姿はなかった。
手にした写真に、小雪の粒が舞い降りた。
母の顔に、白い粒がまとわり付いては、融けて消えていった。
僕の体が、ぶるっと震えた。
凍てつく寒さのせいなのか、それとも湧き起ってくる恐ろしさのせいなのか、
きっとその両方で、僕の体が急に震えだした。

「お母さん、お母さんっ」
家の中に飛び込んだ僕は、大きな声で叫んだ。
大変な物を見つけてしまった、そんな思いが僕を慌てさせた。
よほど僕の声に切迫感があったのか、母はすぐにやって来た。
しかしそれでも、
ぱたぱたと廊下に響くスリッパの音は、いつものようにのんびりしたものだった。
台所にいたのか、母は緑色のエプロンで手を拭きながらやって来た。

「どうしたのよ春樹、あら、雪降ってるの」
母は、僕の頭を見て、少し怒ったような顔した。
「だから言ったじゃないの、傘もって行きなさいって、もう」

廊下で僕と向き合った母は、
僕の頭の上で、融けきっていない小雪の粒を払ってくれた。
僕の髪がくしゃくしゃになるくらい、少し乱暴に、何度も払ってくれた。
高校生になった僕を、いまだに子供扱いする母だった。

「風邪ひいたんじゃないの、あんた顔が蒼いわよ」
僕の額に当てられた母の手は、とても暖かかった。
「よし、熱はないみたいね、え、何よこれ」

僕が差し出した封筒を受け取った母は、その封筒と僕の顔を交互に見た。
その時きっと、僕は泣きそうな顔をしていたに違いない。
僕の表情から、何か不安を感じ取ったのか、
母はその封筒をじっと見つめて、思い切ったようにさっと中身を取り出した。

「あら、いやだわ、もう、退学処分のお知らせかと思ってひやひやしたわよ、
何よこれ、こんなものどこにあったのよ」

僕が説明する前に、母は含み笑いをもらしながら、一枚一枚めくっていた。
その封筒の経緯を話すと、
なおさら母は面白がって、そのうちの一枚をひらひらと目の前にかざした。

「へえ、よく撮れてるわねえ、ふうん、敵はプロかも知れないわねえ、
なるほど、ストーカー2号の登場ってとこかしら、ホントまいっちゃうわ」

僕を無視して、母はもう台所に向かっていた。
なんだか、僕は気が抜けてしまった。
かわりに腹が立った。
 なに言ってるんだよ、ストーカーっていうのは、もっと若い女を狙うんだぞ、
ストーカーに狙われたことが自慢そうな母に、僕は腹が立った。
声を上げて笑っている母を見ると、
僕はその封筒の中身で大騒ぎした自分が、馬鹿に思えてきた。

その写真は、母の日常を写したものだった。
スーパーで買い物する母の姿を写しただけの、ただそれだけの写真だった。
でも、玄関先で最初に見たとき、僕は本当に恐ろしくなった。
この頃は、とんでもなくイカレタ野郎が多い世の中だ。
その標的に母がされたのではないかと心配した。
ただ、あきれるほど能天気な母を見ていると、
そんなふうに母を心配した僕の頭のほうが、イカレているように思えてきた。

その封筒を食卓に置いたまま、母は煮物の火加減を見ていた。
楽しそうに晩ご飯の支度をする母を見ていると、本当にバカバカしくなってきた。
二階の自分の部屋に上がろうとした時、
僕はふいに、母の言葉が気になった。
 さっきお母さん、ストーカー2号って…
僕は、台所の母に駆け寄った。

「お母さん、二号って、どういうこと、前にも何かあったの」
母は、ちょっと困ったような、それでもなんだか可笑しそうに僕を見た。
「そうよね、春樹は知らなかったのよね、あのね、ここに引越して来たころね、うふふ」

三年前、僕の家族はこの家に越してきた。
ちょっとお洒落な感じのする、この新しい住宅街を僕は気に入っていた。

「若い男の子がね、私のあとつけたり、家の前をうろうろしたり、
私がその子に気づいて、二週間ぐらいしてからかしら、
その子ね、「僕とつき合ってください」って、真剣に言ったのよ」

母は煮物をほったらかしにして、喋り続けた。
もう楽しくて仕方ない、そんな様子の母だった。

「道の真ん中で、いきなりなのよ、びっくりしたわ、
でも私、そういうの慣れてるから、さらっとかわして逃げたのよ」

母は煮物が気になったのか、鍋のふたを開けた。
そして僕に背を向けたまま、また話し始めた。

「でもね、その後もあまりしつこいから、お父さんに言ったの、
そしたらね、あの人ったら顔を真赤にして怒っちゃって、
家の前にいた男の子に文句言ったのよ、すごく怒って、信じられる、
あのお父さんが本気で怒ったのよ」

鍋にふたをして火を弱めた母が、僕にふり向いた。
母は、本当に楽しそうだった。

「大学生みたいだったけれど、その子ね、背が高くて、わりとハンサムだったのよ、
もうまいっちゃうわ、世の中の男はみんな私に夢中なんだから」

そう言った母も、さすがに照れたのか、少し顔を赤くして冷蔵庫を開けた。
「いやだわ、私ったら、春樹にこんなこと言って、
心配しなくてもいいのよ、あれからあの子は来なくなったし」

それきり母は話をやめて、
冷蔵庫から取り出したタッパーを開けて、晩ご飯の支度の続きを始めた。
どこかおっとりしたところのある母も、料理の手際だけは鮮やかだった。

僕はそんな母のうしろ姿を、不思議な思いで見つめた。
僕は、どうしてその大学生が、母を一人の女として見たのかよく分からなかった。
僕には、母と同じ年齢のおばさん達は、みんな一緒に思えた。
その中でどうして母が選ばれたのか、とても不思議だった。

確かに僕の母は、美人の部類に入るかも知れないけれど、
そんなに目立つとは思えなかった。
別に派手な服を着るわけでもないし、髪型もごく普通にカールしてあるだけだった。
お化粧なんか、ちょっと口紅を引いて、はい終わりっていう感じだった。
だいたいストーカーなんて、若くて綺麗な女の人を狙うものだと思っていた。
僕があの写真を見つけた時、ストーカーなんて言葉、浮かんでもこなかった。
 お母さんのどこがいいんだろう…
母のどこに魅力があるのか、僕にはよく分からなかった。 
 僕が二階に上がろうとした時、電話が鳴った。

「ちょっと春樹、あんた出てよ」
台所にいる母は手が放せないらしく、
一度、階段を上りかけた僕は、引き返してリビングの電話に出た。
その電話は最初、無言だった。

「もしもし、あの、どちら様ですか」
「おまえ、息子か」
低くおさえた男の声がした。
 なんだよ、こいつ、
いきなりそんな事を言ってきた相手に、僕はムッとした。
でも、日頃から、電話の応対だけはきちんとするようにと、
母から厳しく言われている僕は、我慢して受話器をにぎり直した。

「あの、どちら様ですか」
「おまえ、上か、下か、どっちだ」
「えっ、あのう、長男ですけど」
「お袋さん、いるか」
なんて奴だと思いながらも、僕は母を呼んだ。
相手がどんなに非礼な奴であっても、
母へかかってきた電話を、僕が勝手に切るわけにもいかなかった。
僕はムッとしたまま、突き出すようにして、母へ受話器を渡した。

「もしもし、お電話かわりました、杉浦でございます」
母は相手にそう言ったあと、
横に立つ僕を見て、なぜか嬉しそうに笑った。

「切れたわ、でも夕方かかってきたのは初めてね、
ねえ春樹、あんた声聞いたんでしょ、ねえ、どんな声だった」

母が言うには、今年なって何度か無言電話があったそうだ。
でもそれは、決まって昼過ぎで、夕方かかってきたのは今日が初めてだと言った。
僕が、下品なオッサンみたいだったと告げると、母はいかにも残念そうな顔をした。
「あら、若い子じゃなかったのね、ちょっとがっかりしたわ」
母は何事もなかったように、台所へ戻っていった。

僕はあきれてしまった。
普通、こういう時はもっと心配したり、怯えたりするのが当り前なのに、
僕の母は、むしろそれを楽しんでいるように思えた。
危機感というものがまったくない、能天気な母に、僕は心底あきれた。
気楽な母を見ていると、つかのま僕も和んだ気持ちになったけれど、
でも、あらためてその電話を思い出すと、僕はやっぱり不安になった。

男の声は、感情の波をまったく感じさせない、不気味なものだった。
 それに、あの写真、
もし、電話の男があの写真に関わっているのなら、
そう思うと、僕は一層不安になった。

僕たちの家族構成まで知っている男が、
少なくとも一度はうちに来て、意図が不明の封筒を郵便受けに押し込んだ。
自分の姿は見せないで、母をレンズから覗く中年男。
やはり僕には、母の声だけを聞いてすぐに切ってしまう無言電話に、
何か悪意があるとしか思えなかった。
新聞の社会面にある、いくつかの見出しが、僕の頭に浮かんだ。

晩ご飯の時間になって、僕が二階から下りてみると、父と弟はもう帰っていた。
秀才が集まることで有名な私立中学に通う弟を、僕はあまり好きではなかった。
まだ中一のくせに、妙に大人びたところのある弟を、僕は疎ましく思っていた。
 あれ、まただ…
食卓の準備をする母は、服を着替えていた。
母は、料亭の女将さんが着るような和服に着替えていた。
 また始まったよ…
去年の夏は、隣のお姉さんから浴衣を借りてきて、それを着た。
年齢にそぐわない桃色の浴衣を着て、母は楽しそうにはしゃいでいた。

たまに僕の母はそんな事をして、僕たち家族を驚かせた。
でも、驚くのは僕と父だけで、弟はしっかり母のペースに合わせていた。
「お母さん、よく似合うよ、とっても綺麗だよ」とか言って母を喜ばせた。
そんなとき母は、
「あら、秋雄はいい子ねえ」と、弟に頬ずりした。
僕はそういう二人から目をそらした。
そんなことを、ぬけぬけと言える弟が、僕は嫌いだった。
その日は、和服を着た母のことを、弟は「お母さま」と呼んでいた。
きっと母に強制されたのだろうけれど、
弟は照れもしないで、母の調子に合わせていた。

期末テストの初日が終って、昼過ぎに家へ帰った僕は、一人でラーメンを作った。
母はもう、スーパーへ買い物に行って家にいなかった。
食べている途中、電話が鳴った。
写真を見つけた日から、一ヶ月ほど過ぎていたけれど、
その間、新たな封筒を、郵便受けに見ることはなかった。
でも無言電話は何度か、かかってきたようだった。
先週、僕が尋ねると、「たまにね」と、母は気にもしていなかった。

ひょっとしたら、と思った通り、
その電話は、やっぱり最初、無言だった。
僕がその電話を叩き切ってやろうした時、突然、「おまえのお袋さん、いい女だ」
この前と同じ、抑揚のない、暗い声で男が言った。
気勢をそがれて、電話を切りそびれてしまった僕に、ふたたび男が言った。
「なんでおまえ、そこにいるんだ」

「テストなんだよっ」
答えるつもりは無かったのに、つい、男につられて喋ってしまった。
たて続けに男は、「おまえ、お袋さんのこと好きか」と僕に聞いてきた。
 あたりまえだろっ!
怒鳴ってやろうかと思った瞬間、電話が切れた。

僕は、なんとも腹が立ってしょうがなかった。
本当は、僕が先に切るはずの電話を、相手に切られてしまった。
バカバカしいとは思っても、勝負に負けたような口惜しさは、いつまでも残った。

その口惜しさは、あの日の夜のことを蘇えらせた。
写真を見つけた日、母が和服を着たあの日。
晩ご飯のとき、母と弟は楽しそうだった。
いつものように、そんな二人を見ているだけの父も、楽しそうだった。
弟が「お母さま、僕、塾のテストで百点取りました」と言えば、
「まあ、秋雄さん、なんてお利口さんなんでしょう」と、母は優雅に笑った。
そういう芝居じみたやり取りに、僕はついて行けなかった。

本当は一緒になって騒ぎたかったのに、僕にはできなかった。
なにか面白いことを口にしようとしても、頭の回転が鈍い僕には無理だった。
その夜も、僕は一人いじけてご飯を食べていた。
まだガキのくせに、弟の大人びた口ぶりが癪にさわった。
 もう、うるさい…
僕は、あの写真と電話のことを父に告げた。
楽しい食卓に水を差すのを承知の上で、僕は父に言った。
父は、お酒に酔った顔を真赤にして、そのことを母に問いただした。
写真のことは当然としても、
何度かあったはずの無言電話についても、父は初耳のようだった。
そのことで父は怒っていたけれど、でも、とても母を心配していた。
母が持ってきた写真を見ながら、
「警察には連絡したのか、どうしてすぐに言わなかったんだ」と、怒っていた。

僕は食卓を白けさせてしまった。
弟が、僕を小ばかにしたような目で、ちらっと見た。
あいつの言いたいことは、分かっていた。
(間の悪い兄貴だぜ、今そんなこと言わなくてもいいだろ)
僕はそんな弟が、大嫌いだった。

期末テストの二日目、
家に帰った僕は、買い物に行く母を見送ったあと、一人で昼食をとった。
僕の父は、
写真の件を警察に届け出るべきだと強く言っていたけれど「そんな、大袈裟だわ」と
嫌がる母に押し切られて、結局、警察には連絡していなかった。
その代り、用心のため、買い物に行く時間を早めるようにと、父は主張した。
父を安心させるためなのか、母はその言葉には従ったようだった。
それまでは夕方だった買い物の時間を、昼過ぎにずらしていた。

僕は、前日の電話を母に言わなかった。
男とのやり取りで負けた自分を、間抜けな息子だと母に思われたくなかった。
それに、母のことを「いい女だ」と、
男が言った電話の中身を、口にするのはなんだか気恥ずかしかった。 

 僕が、食べた食器を片づけようとした時、電話が鳴った。
昨日と同じ時間だった。
僕は少し迷ったけれど、やっぱり出ることにした。
馬鹿やろう!
そう言ってすぐに電話を切るつもりだった。
でも、どうせ最初は無言だろうと油断した僕に、男はいきなり声を出した。

「おまえ、馬鹿か」
不意をつかれた僕は、怒鳴ることも、電話を切ることもできなかった。
これまでと同じで、感情のこもらない、冷たい声だった。
「俺だと分かっていて、なぜ電話に出る」
 だったら電話してくるなっ、
僕が怒鳴ろうとすると、
すかさず、「おまえのお袋さん、いい女だ」と、男は前の日と同じことを言った。

「女も、若いころは誰でもみな、それなりによく見える、
だが、三十、三十五を過ぎると、しだいに崩れてくる、
四十になると、ほとんどすべての女は、ただの醜い生き物になる」

この日の男はよく喋った。
僕は電話を切るのも忘れて、男の話に聞き入った。
「そういう女たちの中で、おまえのお袋さんは、数少ない例外だ、
スーパーにも男の店員がいるだろう、
おまえ、知っているか、やつらが、どんな目でお袋さんを見ているか」
暗く、沈みこんでいくような、男の声だった。

「夫婦連れでスーパーにやってきた亭主たちが、
どんな目でお袋さんを見ているか、おまえは知らないだろう」
男が初めて「ふっ」と笑った。
息をしただけなのかも知れないけれど、僕には男が笑ったように思えた。
「おまえ、こういう話が聞きたかったんじゃないのか、弟のほうは利口そうだが、
おまえは馬鹿だな」

僕が何も言えないまま、電話は切れた。
僕は自分が情けなくて、少し泣いてしまった。
なんだか、すごく口惜しかった。
弟と比較されて、それが事実だと僕も分かっているから、たまらなく悲しくなった。

僕の母は、有名な国立大学を出ていた。
高校生になって、その大学に入るのがどれほど難しいことなのか、
いやというほど思い知った。
並みの努力と頭では、とても合格できない大学だった。
たぶん弟は、母の血をそっくり受け継いでいるのだと思う。
その反対に僕は、まるっきり父の二世だった。

母が和服を着たあの夜、白けてしまった食卓で、弟が母に尋ねた。
「どうしてお母さん、お父さんと結婚したの」
揚げ物を、箸でつまむついでに弟はそう言った。
自分の両親のなれ初めを、真剣に問う息子の姿ではなかった。
意味不明の写真と無言電話に、オロオロする父を蔑んでいるように思えた。
そして、いじけた僕には、
(どうしてこんな奴が、僕の兄貴なの)と同時に言っているように聞えた。
そんな弟に、母はめずらしく怒った顔を見せ、姿勢を正して椅子に座りなおした。

「あなた達のお父さんは、誠実で、優しい人なのよ、
そこらで格好つけてる男なんかより、はるかに立派な人なのよ」
母の実家では、その親戚の人たちも含めて、
いまだに父と母の結婚を不思議がっていた。
事務用品の営業をしていた父が、大きな会社の総務部にいた母のところへ、
ほとんど毎日のように、一年近く通いつめたというのは有名な話だった。
母の実家の人たちは、悪く言えば愚鈍にも見える父を、いつも冷遇した。
父とそっくりの僕も、あまり相手にされなかった。
でも、母の頭のよさを受け継いだ弟だけは、人気者だった。

あの夜、弟を叱るように、父の良さを説く母は、とても素敵に見えた。
そして母に諌められた弟を、ざまあみろ、と思った。
でも、やっぱり僕には不満が残った。
かりに叱る時でも、またどんな時でも、
母は弟を、一人の人格を持った男と認めて、向き合っているように思えた。
しかし僕に対しては、いまだに、子供扱いしているように思えてならなかった。
ひがみだと分かっていも、僕は、ほんの少しだけ母を恨んだ。
そして、食卓に座る中学一年の大人びた弟に、憎しみの目を向けた。

電話の後、あの日の夜をまた思い出していた僕は、
買い物から帰ってきた母に気づかなかった。
リビングと通しになっている台所から呼びかけられるまで、
僕は立ったまま、ずっと目の前の電話を見つめていた。

「どうしたの春樹、またあの電話でもかかってきたの」
買ってきた物を冷蔵庫に入れながら、母はそう言った。
そんな母に、僕は不満をもった。
弟に話しかけるときは、必ず、きちんと顔を向けるくせに、
どうして僕のときのは、こっちを見てくれないのだろうか。
僕のことなんか、何かのついでのように思われている気がした。
なんだか無性に悲しくなって、また涙ぐんでしまった。
僕は何も言わずに、そのまま二階へ上がった。

期末テストの三日目、
その日は寒かったし、僕は急いで家に帰った。
試験の出来はいつも以上に最悪だったけれど、そんなことはどうでもよかった。
どうせまた、あの男からかかってくるはずの電話に、僕は負けたくなかった。
今日こそ、あいつを怒鳴りつけてやろうと思った。
そして、(僕、電話の男をやっつけてやったよ)
そう胸を張って母に言いたかった。

母が買い物に出かけたあと、
僕は、あの写真をもう一度、見たくなった。
あの夜、ゴミ箱へ捨てようとした母に、「面白いからとっとけば」と、
弟がリビングのマガジンラックに、その封筒を入れていた。

よく見ると、それらは写真ではなく、プリンターで印刷された画像だった。
専用の紙にプリントされた画像は、写真と見まちがうほどだった。
きっとあの男が撮ったに違いない母の姿を、僕はじっくり見た。
よく撮れてはいたけれど、そのどれも、構図が少しずれていたり、
斜めになっていたりした。
きちんとカメラを構えて撮ったのではなく、
きっとカバンか何かの中へ巧妙に隠して、それで写したものと思われた。

そこには、楽しそうに買い物する、普通の主婦の姿が写っていた。
ほうれん草を手に取って確かめたり、
カートを押しながら魚売り場に顔を向けたり、そんな姿ばかりだった。
ただ、日ごろ見慣れているはずなのに、
こうした一瞬の姿を写し出された母は、とても新鮮に見えた。
いつも家にいるのが当り前の母を、僕はこれまでよく見ていなかったのかも知れない。
気づいた事が一つあった。
それは、意外なほど、母のスタイルはよく見えた。

世間の男達がどんな目で母を見ているのか、知っているかと男は僕に尋ねた。
きっとあいつは、母が色気をふりまくふしだらな女だと言いたかったのだろうけれど、
全然そんなふうには見えなかった。
写っている母は、僕が知っている以上に、知的で、真面目な人に見えた。
タートルネックのセーターをかたどる胸元も、
ロングスカートに包まれた腰つきも、全然いやらしさを感じなかった。
電話がかかってきたら、この事をはっきり言ってやろうと思った。

その日、
かかってくるはずの時間に、電話は鳴らなかった。
母の帰りも、少し遅れているような気がした。

僕は、帰りの遅い母を心配した。
スーパーの駐車場で、風になびく髪を片手で押さえ、
車のドアにキイを差しこむ瞬間を写された母の横顔を見ながら、
僕は不安になった。
母が事故を起こしたのではないかと心配した。
悪い知らせがありはしないかと、僕はびくびくしながら、電話を見つめた。
もう、あの男のことなんか、どうでもよかった。 

家の外が暗くなっても、母は帰ってこなかった。
ガレージは、からっぽだった。
携帯電話を持っていない母には連絡の取りようがなかった。
何か急用ができて寄り道しているのか、
 それとも…
大破した車と、血まみれになった母を、縁起でもなく思い浮かべてしまった。
ただ、そのいずれにしても、連絡があるはずだった。
僕は、父の会社に電話しようかと思った。
最近の父は仕事が忙しいらしくて、いつも遅くに帰ってきた。
もし六時を過ぎても母が戻らなければ、その時は父に電話しようと思った。

母は、僕が父に電話をする前に、帰って来た。
静まり返った家の中で、僕は玄関のタイルに響く、硬い靴音を聞いた。
ハイヒールの音だと思って行ってみると、やはり母だった。
僕は本当にほっとした。
でも、母の様子は少し変だった。
出迎えた僕から、母は顔をそらした。
コートの合せ目をしっかり握る母の右手が、震えていた。

「ご免なさい、外は、寒かったから」
僕がどうして遅くなったのか尋ねる前に、母はかすれた声でそう言った。
そして、ハイヒールを脱ぎ捨てるようにして家に上がると、
僕のわきをすり抜けて、スーパーの買い物袋を持ったまま洗面所に向かった。
すぐに、その洗面所からは、
いかにも苦しそうに、むせかえって胃の中のものを吐く、母の様子が聞えてきた。
僕は心配になって、廊下を走って洗面所に行った。

「来ないでっ」
これまで聞いたこともない、もの凄く怒った声で母が叫んだ。
母の背中をさすってあげるつもりだった僕は、
突然きつく叱られて、ただ怯えてしまい、洗面所からあとずさった。

母はそのまま、お風呂に入ったようだった。
 そんなに怒らなくてもいいじゃないか、
よほど体の具合が悪いのか、玄関で見た母の顔は真っ青だったし、唇は紫色になっていた。
それに目は、泣いたあとのように充血して潤んでいた。
でも、いくら気分の悪いところを見られたからって、
親子なんだから、あんなに怒鳴らなくてもいいのに、と僕は思った。
遅く帰ってきた理由や、すぐにお風呂に入る訳を考える前に、
僕は、そんな母に腹を立てた。

そんな時、リビングの電話が鳴った。
耳障りに響くコール音を早く止めたくて、
乱暴に受話器をとった僕は、ぶっきらぼうに「はい、杉浦です」と答えた。
「お袋さん、帰って来たか」
あの男からだった。
今日こそ、と思っていた電話だったけれど、
なんだかこの男を相手にする気分ではなかった。
訳もなく母に叱られて、僕は苛々していた。

「おまえのお袋さん、いい体をしていた」
 こいつ、なに言ってるんだ、
男の声には、相変わらず抑揚がなかった。

「締まりも良かったし、肛門は初めてみたいだったな」
 シマリ、コウモンって何だ、
母のことを言っているのは分かったけれど、
すぐには、その単語の意味を理解できなかった。

「フェラは下手くそだったが、
そのぶん、顎がしびれるまでさせてやった」
僕の頭が、急に熱くなった。
 コウモンって、お尻の、フェラって、口でするあの…
とっさに僕は
「おまえ、まさかっ」と叫んでしまった。
そんな僕の怒りの声にも、あの男は平然としていた。

「たっぷり、楽しませてもらったぞ」
「おまえ、よくも僕のお母さんをっ」
「そんなに怒るな、 おまえだって、興奮しているだろう、
うずうずと血が騒いで、もう勃起しているんじゃないのか」

僕は「ふざけるなっ」とまた叫んだ。
冗談じゃない、母親を***されて悦ぶ息子がどこにいる、
そう言ってやりたかったけれど、
頭に血が昇っていた僕は一言、そう叫ぶのがやっとだった。

「坊ず、嘘をつくな、おまえのように弱くて、いじけた奴は、皆そうなる」
あいつは、人の悲しみや嘆きを、嘲笑って楽しむ恐ろしい男だった。
「おい坊ず、おまえ、見たいと思わないか美人の母親が犯される姿を、見てみたいだろう、
欲しかったら、いくらでも印刷してやるぞ」

***される母の姿。
僕の心臓が、変な間隔で脈動した。
 そんなもの、
母親の不幸を見たい奴なんているもんか、
そう思ったけれど、僕はその時、とても息苦しくなった。

「もし俺が、警察に捕まっていなければ、見せてやる、
いつでもいいぞ、電話してこい、俺の携帯の番号は‐‐‐‐‐」

僕の右手が、勝手に動いた。
電話の横にある小さなメモ帳に、その番号を書いてしまった。
間違えないように、それでも素早く数字を書いていく自分が、そこにいた。
男からの電話が切れたあと、
僕は荒い呼吸を繰り返しながら、メモ用紙を呆然と見つめた。
まぎれもなく自分が書いたはずの数字を、信じられない思いで見つめた。
その日から、僕は僕でなくなってしまった。

男からの衝撃的な電話のあと、しばらくして、母はお風呂から出てきた。
スーパーの袋を持って台所に現れた母は、
買い物に出かけた時とは、まるで違う服を着ていた。
僕には、母の魂が抜けているように見えた。
お風呂上りなのに真っ青な顔をして、冷蔵庫に買ってきた物を納めていた。
いつもは楽しそうに、買ってきた物を一つ一つ確かめて冷蔵庫に入れる母が、
なんだか違う所に視線を漂わせて、卵のパックを、そして野菜を手に取っていた。

「お母さん」
近づいても、声をかけるまで僕に気づかなかった母が、びくっと手を止めた。
嘘のような電話に逆上し、混乱していた僕も、
あらためて母を見たとき、あの男の言葉を、現実のものとして受け止めた。
母の手首には、何かを巻きつけられた痕が刻まれていた。
母は、僕の目線を気にしてなのか、その赤い痕をセーターの袖口でそっと隠した。

「少し、気分が悪くて」
その身を隠すように、小さな声で母は言った。
 やっぱり本当なんだ、本当にお母さんは…。
僕は何も言えずに、黙って自分の部屋に向かった。

僕は初めて、母を想いながらマスターベーションをした。
部屋の中で、母の姿と男の声を思い出すと、むくむくとペニスが勃起してきた。
それを抑えることは、僕にはできなかった。
母は、日ごろ履かない靴下を履いていた。
きっと足首にも、もしかしたら体中にロープの痕があるのかも知れなかった。
 お母さん、縛られて…。
想像し始めると、もう止められなかった。
恥ずかしい姿で***される母、
経験があるはずのない肛門までも犯され、、
そして顎がしびれるまでフェラチオを強制された母。
あの男の言った通り、僕は情けない息子だった。
僕は血をたぎらせ、固くなったペニスをしごき続けた。

晩ご飯になって、僕が一階に下りて行くと、
塾から帰った弟が、すでに食事を始めていた。
父はその日も遅いらしく、僕たちは三人で晩ご飯を食べた。
当り前かも知れないけれど、母は、ほとんど料理に手をつけなかった。
暗く沈みこんだ表情で、皿の上で止めた箸を見つめていた。
 
「お母さん、どうしたの」
その姿を心配したのか、弟が口の中にご飯を入れたまま尋ねた。
母は「少し、気分が悪くて」と、さっき僕に言ったことを繰り返した。
それでも、母はつかのま笑顔を見せた。
きっと死ぬほど辛いはずなのに、僕たちの夕食を作り、食事の世話をしてくれる母だった。
こんな時でも家庭の主婦として、その役目をきちんと果たす母が立派に思えた。
息子を心配させまいと笑顔を作る母が、とても強い人に見えた。

でも、そんな母が***された事実は、
どうしようもなく、僕の血をうずうずとたぎらせた。

その夜、
僕は勝手口にある大きなポリバケツをあさった。
僕の姿は、残飯をあさる野良猫のようだったかも知れない。

もしかしたら、と思った通り、
黒いビニールのゴミ袋の中に、昼間、母が着ていた服が入っていた。
街灯の薄明かりの下で、手にとって見ると、それらは無惨なものになっていた。
セーターの肩口や胸元、それにスカートは裾から斜めに、切り裂かれていた。
なめらかな手触りのスリップも、一方の肩ひもが千切れていた。

もっと別なもの、母の下着がありはしないかと、僕は袋の中をさらに探った。
でも、母のブラジャーもパンティーも、その中にはなかった。
あの男に奪われたままなのか、それとも切り刻まれて用を成さなくなったのか、
そのどちらにしても、家に帰ってきた母は、コートの下にみじめな姿を隠して
いたのだった。

三月になっても、寒い夜だった。
しかし、吹きつける冷たい風を感じないほどに、僕の全身は熱くなった。

日が経つにつれて、どんどん僕が僕でなくなっていった。

母は、自分の身に起きた災難を誰にも言っていないようだった。
父は相変わらずお人好しのままで、ご飯の時も楽しそうに笑っていた。
家族の前では、母もいつもと変わらずにふる舞っていた。
でも、母の笑顔が作り笑いであることを、
そして時おり見せる暗い表情の理由を、僕だけが知っていた。

手首の赤い痕、切り裂かれた衣服、
それらは、僕の想像を限りなく淫らで残酷なものにした。
 見てみたい、どんな姿で***され、そのとき母がどんな顔をしていたのか、
見たくてたまらなかった。
部屋の中で、僕は、小さなメモ用紙を繰り返し、何度も見た。
そこに記されているのは、ただの数字の羅列ではなかった。
その数字は、僕のドロドロした欲求を満たす、母の無惨な姿につながっていた。

十日ほど経った。
一時限目の授業の最中に、僕はどうにも我慢ができなくなった。
古文の先生のスカートが、あの切り裂かれた母のスカートと同じ色だった。
形もよく似ていたし、そのスカートを目の前にした僕は、ついに自分を見失った。
頭が痛いと嘘をついて、僕は学校を早退した。
実際、僕の顔は病的なまでに憔悴していたのか、
普段は厳しい担任の先生も「おまえ、一人で帰れるか」と、心配してくれた。

僕は、電話ボックスに駆けこみ、今はもう暗記してしまった数字を押した。
それが母を裏切り、また、自分という人間をも貶める行為だと分かっていても、
止められなかった。
あの男に笑われ、どれだけ馬鹿にされようとも、
僕は辱しめを受ける母の姿を、見たくてたまらなかった。

「おう、坊ずか」
最初に僕が「あの」と言っただけで、男には分かったようだった。
あの男は無駄なことを一切言わず、電車の駅名を僕に告げた。
それは、いつも僕が乗降りする駅から、一つだけ隣りの駅だった。
意外なほど、あの男は近くに住んでいた。

僕がその駅の改札口を出ると、一人の男がすうっと僕に近寄ってきた。
みすぼらしい作業服を着た、中年男だった。
「行くぞ、坊ず」と、それだけ言うと、男は先になって歩き始めた。
男は、僕のことを笑ったり、からかったりしなかった。
そのかわり、歩きながら、独り言のように話し始めた。

「お袋さん、警察には言わなかったみたいだな」
電話と同じで、男の声に抑揚はなかった。
「犯された女が訴えるかどうか、それは俺にも分からん、
たぶん犯された本人も、そのあとで自分がどういう女か、気づくはずだ、
秘密を背負って生きていく女もいれば、
裁判所で自分の受けた恥を口にする女もいる、
俺は犯るとき、サツに捕まるのはいつも覚悟している」

男は、これまでに十人以上の女性を***し、
そして刑務所に四回、入れられたと言った。
僕の前を行く男の後姿は、冷たい声とは不釣合いなほど、ずんぐりしていた。
滑稽なほどに小太りの男が、急に立ち止って、僕にふり向いた。
「俺もな、犯るときは、命をかけるんだぞ」

男は立ち止ったその場所で、母の運転する車の前に飛び出したと言った。
狭い十字路だったけれど、
確かに一歩間違えば、骨折だけでは済みそうに思えなかった。

「思っていた通り、おまえのお袋さんは真面目で親切だった、
誰が見ても、俺のほうが悪いのは明らかだったが、
尻もちをついて唸る俺を、必死に抱き起こしてくれてな、
見ろ、こんな薄汚い服を着た俺に、大そう優しくしてくれたぞ」

「すぐに病院へ」、そう心配する母の車に乗った男は、
心臓の薬を部屋に置いたままだと嘘をついて、母をアパートに誘い込んだらしい。

その十字路を曲がってしばらく歩くと、男の住むアパートがあった。
周囲の住宅やマンションとはまるで違う、木造の古いアパートだった。
僕はこういうアパートを初めて見た。
板張りの廊下をはさんで、その両側に部屋のドアが並んでいた。
廊下を歩くとみしみしと音がした。

「おまえのお袋さん、嫌な顔ひとつしないで、
足を引きずる俺を支えてくれてな、部屋の中にまで、入って来てくれたぞ」
ドアを開けた男に続いて、僕はその部屋に入った。
そこは、僕の部屋よりも狭い空間だった。
トイレも風呂も、そして台所もなかった。
黄ばんだカーテンが閉じられたままの薄暗い部屋に、男が蛍光灯をつけた。
赤茶けた畳の上には、汚い布団が敷かれたままだった。
家具らしいものは、古い洋服ダンスが一つあるだけだった。
コンビニ弁当のからや、雑誌が散らばる部屋の中は、饐えた臭いに満ちていた。

「さすがの俺もな、あんなに優しい女を襲うのは、
少し気が引けたが、今のおまえと一緒だ、欲望には勝てないもんだ」
僕は、汚い部屋の隅にそこだけ違和感のある物を見た。
最新機種と思われるノートパソコンとプリンターが、並べて置いてあった。
男はそこから印刷された用紙の束をつかみ取り、敷布団の上にどさっと置いた。

「おまえが望んでいたものだ、まあゆっくり楽しめ」
それだけ言うと、男は部屋から出て行った。
一人、部屋に立ちすくむ僕の足元には、母の姿があった。
僕はしゃがみこんで、最初の一枚に手を伸ばした。
そして一端、部屋の壁を見上げた。
当然だけれども、写っている場所と同じ所に、太い釘が打ちつけられていた。
僕が手にした画像の中で母の両手を縛ったロープが、その太い釘に巻かれていた。
両手を頭上で縛られた母が、壁を背にして立たされていた。
自由を奪われるまで、よほど抵抗したのか、母の髪はものすごく乱れていた。

でも、カメラのレンズから逃れようと、
顔をそむける母の衣服には、まだ異常はなかった。
最初の一枚目に写っていた母の服は、出かけた時と同じままだった。
 これから、始まるんだ…。
足がガクガク震えて、しゃがみこんだ体を支えきれなくなった。
 
僕はあぐらをかいて敷布団の上に座ると、次の画像を手にとった。
母の顔がアップで写っていた。
何かを耐えるように、目を閉じる母の顔だった。
何枚か、そんな母の表情を写したものが続いたあと、ぱっと構図が変わった。
 あっ、お母さん…。
最初の一枚目と同じアングルだったけれど、母の衣服に違いがあった。
セーターの胸元が切り裂かれ、そこから片方の乳房が露出していた。
そして母の両膝には、白いパンティーが絡まっていた。
下から斜めに切り裂かれたスカートがめくられて、
太腿と、その上にある陰毛のかげりが垣間見えていた。

でも、そんな姿を写したのは一枚きりで、また、母の顔をアップで写したものが
何枚も続いた。
ただ、それらは写した場所が違っていて、僕があぐらをかく敷布団の上で写されていた。
母は、髪をふり乱して叫んでいた。
たて続けにシャッターを押したのか、一枚一枚つながりがあるように見えた。
右に左に、顔をふりながら、母は何かを叫んでいた。
カメラを持つ手がぶれるのか、どの構図も乱雑で、
母の顔が斜めになったり、片方の表情が写っていなかったりした。

僕の母は、のけぞって白い首すじを見せ、必死に何かを叫んでいた。
それからずっと、母の顔ばかり写したものが続いた。
何かを耐え忍ぶように、唇を噛みしめて、固く目を閉じる母の顔もあった。
その閉じた目から、涙がこぼれていた。

そんな母の表情は、どの一枚も僕を興奮させたけれど、
束になった紙をいくらめくっても同じものが続き、僕は少し不満を持った。
最後の二枚だけは、全裸の母が縛られている姿だった。
左右それぞれの手首と足首を一緒に縛られて、いびつに体を折りまげていた。
そんな母の姿を、横から写したものだった。
一枚は、敷布団の上に仰向けに転がされて、足の裏を真上に向けていた。       
もう一枚は、うつ伏せにされたもので、極端なほど、お尻を高く突き出していた。

僕は、こういう姿の母を見たかったのだけれど、やはり不満が残った。
もっと直接的で、あからさまな姿を見たかった。
母の性器がどんな色と形をしているのか知りたかった。
その性器に男根が入っている様子や、
肛門を突き刺された瞬間も見てみたかった。
それに、フェラチオを強制される母の顔にも興味をそそられた。
男が置いていった束のなかに、そんな画像は一切なかった。

学生ズボンの中でペニスは勃起していたけれど、
やるせない不満で苛々する僕は、マスターベーションをする気になれなかった。
 あいつ、わざと…。
あの男は人の心を弄んで喜ぶ奴だ、それくらい僕にも分かっていた。
きっとほかにもあるはずだ、
そう思って、僕は部屋の隅に置かれたノートパソコンに目を向けた。
よほど自分で電源を入れて、中身を覗こうかと思った。
そんな時、あの男が戻ってきた。

「なんだ坊ずその顔は、気に入らなかったのか」
僕の顔を見て、男はそんなふうに言ったけれど、別になんとも思っていないようだった。
でも「こんな物もあるぞ」と、洋服ダンスの扉を開けた。
男が手にした透明なビニール袋には、
母のブラジャーとパンティーが入っていた。

「あんな美人でも、股の間は汚してるもんだ」
男は袋を開けて、白いパンティーを裏返すと、それを僕に向かって放り投げた。
あの母らしい、ほとんど飾りけのない下着だった。
そこには、乾いて灰色になった縦ジミが付いていた。

「そのシミなんか、上品なもんだぞ、
すこぶる美人でも、ひどいのになると、
べっとり滓りものをつけてやがるからな」

ほんの微かに、酸っぱいような匂いを嗅ぐ僕の頭に、ブラジャーが落ちてきた。
そのブラジャーは、両方の肩ひもが千切れていた。

「あのな坊ず、もろ見えの写真など、俺の趣味に合わんのだ、
まあしかし、ひょっとしたら、実物が見れるかもしれないぞ」

これまで男は、一度***した女性には、二度と手を出さなかったそうだ。
でも、僕の母は別だと言った。
そして「おまえという小道具もあるしな」と、無気味に笑った。
男は外に出ている間に、僕の母へ電話したようだった。

「ここへ来るか来ないか、やはり俺にも分からん、
もしかしたら、これをきっかけに、もう警察へ電話しているかもな、
おまえのお袋さんの代わりに、サツがここへやって来るかも知れん」

男は平然としていた。
僕は、なんだか恐ろしくなってきた。
警察がやって来るのも恐かったけれど、
それ以上に、母がこの場にやって来たらどうしようかと恐くなった。
こんな所にいる僕を、母はなんと思うだろう。
そして僕には、こんな所で母と向き合う勇気などあるはずもなかった。

「かりに、お袋さんが来るとしても、それは俺を殺しにやって来るのかも知れんな、
人間は、特に女は、その時になってみないと、よく分からん」

男は、また無気味に笑って「まあ、覚悟はできてるがな」と、つけ加えた。
僕はますます恐ろしくなってきた。
今ならまだ間に合う、すぐに帰ろうと思った。
僕は、本当にそう思った。
でも、男が「おや、誰か来たようだな」と、僕よりも早くその靴音を耳にした。
板張りの廊下に響く硬い靴音が、ゆっくり近づいてきた。
古い木造アパートの部屋には、
それが、たぶんハイヒールの音だと分かるほど、よく響いてきた。
僕はどうしたらいいのか慌ててしまい、すがるように男を見た。
そんな僕を無視して、男は部屋のドアをじっと見ていた。

靴音が部屋の前で止まったきり、
何も起こらなかったけれど、でも、しばらくするとドアがノックされた。
弱々しいノックの音だった。

「おまえはこの中にいろ、
心配するな、俺がうまくやってやる」

小声で言った男は、僕を古い洋服ダンスに押し込んだ。
その中は汗臭くて、息苦しかったけれど、
ほんの少し扉を開いただけで、狭い部屋の様子が見渡せた。
ドアを開けた男が「よく来たな、奥さん」と言った通り、
部屋の入口には、朝ご飯の時と同じ服を着た、僕の母が立っていた。

「あの、今はこれが精一杯なんです、どうか、これで堪忍してください」
いつも家で耳にする、まぎれもない母の声だった。
でも、「世の中の男はみんな私に夢中なの」と、
明るく言ってのけた母とは、まるで別人のようだった。
母は、部屋に入るのを拒むように、手にした厚みのある封筒を差し出した。

「そうか、分かった、奥さん、俺に抱かれるのが嫌なら、さっさと帰りな」
男はそう言って、躊躇いもなくドアを閉めた。
 あっ、
お母さんが帰ってしまう 、つい僕はそう思ってしまった。
さっきまでは怯えていた僕の、それが本音だったのかも知れない。
閉じたままのドアを、タンスの隙間から見つめる僕は、
なんで閉めたんだ 、またそう思ってしまった。

ただ、男はドアの前から離れなかった。
帰っていく母の靴音も、聞えてこなかった。
ずいぶん経って、ドアがゆっくりと開いた。
「奥さん、覚悟は出来たようだな、さっ、入りな」
うつむいてドアを開けた母の手を、あの男は力強く引いた。
自分でドアを開けた母は、それでも男を拒み「待ってください」と必死に訴えた。
「本当に、今日で終わりなんですか」
「奥さん、俺は約束は守る、この前も、中には出さなかっただろう、
俺は言ったことは必ず守る、奥さん、今日で最後だ」

その言葉で、母の力が抜けたように見えた。
男に手を引かれる母は、ハイヒールを脱ぐと、虚ろな表情で部屋に入った。
母の顔は暗かったけれど、それでも母が入ってくると、この薄汚い部屋も華やいで見えた。
 
 部屋の中央で、男はすぐに母の服へ手をかけた。
ふわふわした生地の桜色をしたセーターが、胸元までたくし上げられた。
母はまったく逆らわなかったし、脱がされる時、自ら腕を上げた。

「いい匂いがするじゃないか、
奥さん、あんた出がけにシャワーでも浴びたようだな」

男は膝を曲げてロングスカートのホックに手をかけ、
「この前、おま*こと肛門の匂いを笑われて、恥ずかしかったのか」と、
楽しむように母を見上げた。
「笑われないように、しっかり洗ってきたのか」
身をよじって胸元に両手をおく母が、その顔を赤らめた。

ロングスカートが足元にすべり落ちたあと、
男はレースの飾りがついたスリップをまくって、ストッキングを脱がせた。
そのあいだ男は「あれから旦那には抱かれたか」と、母に尋ねた。
母は、力なく首を横にふった。

母は、男の言い成りになっていた。
スリップの肩ひもに男の指がかかると、母は自ら両腕を下げた。
小太りの男が側にいるから余計に、母の体は細く見えた。
ただ、母の腰だけは、
そこだけ別な物のように、ベージュのパンティーを張りつめさせていた。

男が、タンスに隠れる僕のほうにやって来た。
扉を開けるのかと思って、僕は慌てたけれど、そうではなかった。
男は腰をかがめて、下の引出しを開けたようだった。
あの日の記憶が蘇えるのか、それを見た母が怯えて後ずさった。
「そんなもの、使わないでくださいっ」
男は、使い込まれて黒くなったロープを手にしていた。
近づく男から逃れようと、母は壁際まで後ずさった。
男は、「今日で最後だ」と冷たく言って、嫌がる母の手首にロープを巻きつけた。
この部屋で、僕が最初に見た画像のように、母の両手首が、壁の太い釘に括られた。
そして男は、両腕を上げた母に目隠しをした。

「どうして、こんな」
目隠しをされて不安がる母に、男は「近所の小僧がな」と言った。
「おい、もう出てきてもいいぞ」
まさかこんな成り行きになるとは思っていなかった。
いきなり男に声をかけられて、僕は戸惑ったけれど、「早く来い」と促されて、
嫌な匂いのこもるタンスの扉をあけた。

母は「約束が違いますっ」と男を非難し、僕が近づいて行くと、
もう一人の人間の気配を感じたのか、「誰、誰なの」と怯えた声で、
目隠しをされて見えない目を、僕に向けた。
ブラジャーとパンティーだけを身につけた母は、
体を横にねじって、新たな凌辱者の視線から逃れようとした。

「今日で最後なのは嘘じゃないが、奥さん、今日は童貞のガキの、相手をしてやってくれ」
「そんな」
両腕を上げた母の腋は、わずかに毛根が見える程度で、綺麗に手入れされていた。
ブラジャーに包まれた胸は、幼い頃の記憶の通り、あまり大きくはなった。
でも、横向きになって細く見えるウエストとは違って、
お尻の丸みは、タンスの中から見たときよりも、重そうな形をしていた。
僕は、母の体に触れたくて堪らなくなった。

「坊ず、おまえの好きにしろ」
母の目が見えないと分かっているから、僕は大胆になれた。
ブラジャーを乱暴に押し上げて、
母の乳房をもみ、乳首を吸った。
母は、僕をふり切ろうと、体を左右によじった。
それでも僕は、母の乳房をつかんで放さなかった。

男は、そんな僕を無視して、
「奥さん、あんた、旦那の他に何人の男を知っている」と母に尋ねた。
乳房をもむ僕の力が強すぎるのか、
母は時おり「うっ」と苦痛を訴えるばかりで、男の問いには答えなかった。

「こいつも、自分の初めての相手が、どんな女なのか気になるだろうしな、
別に嘘でもいいじゃないか、奥さんの口から出た言葉を、こいつが信じれば、
それでいいだけの話だ」

何度も男に尋ねられ、母は拒みきれないと諦めたのか「ふ、二人です」と答えた。
僕はドキッとして、なおさら強く乳房をつかんでしまった。
また、「うっ」と痛みに耐える母に、男は「そいつらは浮気の相手か」と尋ねた。
この時ばかりは母も、すぐに答えた。
「私はそんな女じゃありませんっ」

僕が赤ちゃんのとき吸ったはずの乳首が、固くなってきた。
母は、何もかも諦めたように、男の問いに答え始めた。
僕に乳首をいじられながら、
初めての時は「大学二年の時です」と答え、
二人目の相手は「会社の、同期の人です」と小さな声で言った。
「そいつらには、フェラチオをしてやったのか」と、男に訊かれた母が、
しばらくためらって「しました」と言った時、僕はかっと熱くなった。

パンティーに両手をかけると、思いっきり力を入れて引き下げた。
下着を奪われた母は、片足をくの字に曲げて股間を隠そうとした。
「奥さん、下着をはき替えて来たようだな、今日はパンティーが汚れてないじゃないか」
僕が脱がしたパンティーを、男は手に取って裏返した。
そして男は、「綺麗に洗ったところを、小僧に見せてやれ」と、
くの字に曲げた母の膝を両手でつかみ、もの凄い力で引き上げた。
しかも、引き上げただけではなく、膝が壁にぴったり当たるまで、その片足を割り広げた。
体を支えるもう一方の母の足が、ぶるぶると震え、太腿が引き攣っていた。

僕たち高校生の間でも、裏ビデオや、いわゆるモロ画像など、
大して珍しいものではなかったし、僕も何度か観たことがあった。
でも、初めて実物をまじかで見ると、それが母の性器であるだけに、
僕はなんだかショックを受けた。
母の乳首は小さくて、全然いやらしさを感じなかったのに、
その性器は、醜くいほどいやらしく見えて、とても母のものとは思えなかった。

「奥さん、オナニーは、いつもどんなふうにするんだ」
母の膝を抱えて、その膝を壁に押しつける男が、またしつこく尋ね始めた。
恥ずかしい姿にされた母は、ただ顔をそむけるばかりだった。
綺麗に手入れされていた腋とは違って、
母の股間は陰毛にびっしりと覆われ、性器の周りをふち取っていた。
びらびらした黒い陰唇が割れて、その中の生々しい構造が見えていた。

「奥さん、どうなんだ、道具でも使っているのか」
白い半透明の膜に覆われて、その中身が醜く光っているように見えた。
ぷっくりと膨らんだクリトリスも、
うねるように肉がより合わさった膣口も、赤くただれて光っていた。
僕は、男の声を聞きながら、母の性器に顔を近づけた。
男は執拗に問いただしていたけれど、母の声は聞えてこなかった。
石鹸のいい匂いに混じって、生臭い匂いがした。
母の匂いを嗅いでいると、ふいに「指で」という母の声がした。
 えっ、お母さん、いま何て…?
「もっとはっきり言え、指でどうするんだ、奥さん」
「指で、さすって」

僕には信じられなかった。
能天気で、弟と冗談を言い合っては笑い転げていた母がオナニーをするなんて、
いつも僕たちのために料理を作ってくれるその指で、
母がこっそりオナニーをしていたなんて、僕には信じられなかった。
男に脅されて、母はきっと嘘をついているのだと思った。
さらに男に問われて、母は「指は、二本、入れて」と、恥ずかしそうに答えた。

そういう女性の秘密まで口にさせられる母が可哀想になったけれど、
さっきから勃起し続けているペニスが、さらに熱く、固くなってきた。
僕の目の前にある、母の膣にペニスを入れたくて堪らなくなった。

「なんだ坊ず、やりたくなったのか」
ズボンとパンツを脱ぐ僕を見て、
男は「寝てやるよりもな、初めての奴はこの方が簡単だ」と、
さらに母の片足を高く上げて、股間を割り広げた。
そして男は、片手で母の膝を抱えたまま、
作業服のポケットから、小さな四角い包みを取り出した。

「ほら坊ず、これをつけな」
コンドームの包みを見た僕は、首を横に振った。
それがどんな結果になろうと、僕は何もつけないでペニスを入れたかった。 

関連記事
安心・安全の無修正動画 カリビアンコム!

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧