眠らせた叔母に中出ししました

当時21歳、大学へ通う私は叔母の家に娘の家庭教師として週2・3日通っ
ていました。叔母(佳子)は36歳、娘(奈緒)は14歳で高校受験のためにと
頼まれたのですが、叔母の肉感的な身体にあこがれて引き受けたのが本音でした。
トイレに行く際、脱衣籠にある叔母の下着を何度となく物色し、匂いを嗅いで
射精することもありました。その中に叔父の下着もあると激しい嫉妬と怒りを
覚えるようになっていました。


娘も叔母に似て*学生とは思えない身体をしており、親娘を想像してオナニー
も幾度となくしました。

ある日、叔母が「今日はおじさんが旅行でいないから、秀君、ご飯を
食べて帰ったら」と言われ「はい、ありがとう」と返事をしながら、「今日、
実行する」と自分に言い聞かせ、この日のため悪友から買っておいた睡眠薬を
ポケットに入れました。

「叔母さんビールを買ってきますが、叔母さんも飲みます」
と尋ねコンビニへ行きましたが、買うのが目的ではなく、錠剤の薬を水に溶かす
ためでした。

薬を溶かせたので、家に戻ると食事の準備中で二人でキッチンに居たので、
「叔母さんビール注いでおきます。奈緒ちゃんはジュースね」
と薬入りの飲み物を注いで食事を始めました。

叔母は機嫌よく飲んでましたが「飲みすぎたのか眠くなってきたわ」と立ち上
がろうとすると、こけそうになって「やっぱり飲みすぎたかな」と言ったので
「ベッドに行きますか」とベッドに連れ、「ハイ、お水」と残りの薬を全部入
れた水を渡しました。

「片付けして帰ります」とキッチンへ行くと奈緒は眠っていたの
で「奈緒ちゃんベッドへ行くよ」と身体を揺らしてみても反応がなく、グッタ
リしたままなので、担いでベッドへ運びました。

叔母の部屋に戻ると、叔母は渡した水を全部飲み干し、服のまま眠っていました。

薬を飲ませすぎ、死んだのではと不安でしたが息をしていたので「叔母さん」
と揺すりながら、キスをしても起きないので思い切って舌を口の中へ入れ叔母
の舌に絡ませました。

もうチンポは射精しそうな様になっていたので急いでパンテイを剥ぎ取り、挿
入して腰を数回振ると叔母の膣内奥深くに中出ししました。

チンポを抜いておま*こから流れる精子を見て「シマッタ、中出ししてし
まった」と後悔したが、もうどうにもならないし、叔母も気付いてないと思い
開き直ると落ち着きました。

そして、ゆっくりと服を剥いで叔母の身体を堪能しました。
乳房はやはり想像より大きな巨乳で、Fカップはありそうです。大きな乳輪と
サクランボ位な大きい乳首。色が茶色っぽかったのがおしくピンクだったらも
う外人並みに最高です。

反対におま*こは色素沈着もなく奇麗な物でした。ただ、毛が多くアヌス周り
までもびっしりと生えていました。

おま*この中は締まりよくきつく、ザラザラとした感触でいい具合です。
中まで覗くと、さっき出した精子が流れ出し、中にも溜まってました。

叔母の口を開けチンポをねじ込んで、乳首を摘まんだり、抓っていると大きな
乳首と一緒に乳輪も堅く勃ってきました。

それから2時間位ゆっくりと叔母の身体を味わい、写真を撮りまくりながら、
3回射精して服を整え帰りました。 

関連記事
安心・安全の無修正動画 カリビアンコム!

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧