酔うと淫らになる母

今は潰れてしまったんだけど、親父が建設関係の会社やってて多い時には数十人の人が働いてました。 昔は現場近くにプレハブみたいな宿舎があって寝泊まりしてました。
いろんな人達がいて仕事終えると毎晩のように、お酒飲んで騒いでた。
雨の日とか週末とかだと宴会が始まり賑やかでした。 母は賄いの方も仕切ってて大変だったみたいだけど、今思うと楽しかった。


休み前の夜になると母も皆の中に入って酒とか飲んではしゃいでたけど、母が飲むの僕は嫌いでした。 母は直ぐに酔ってしまうからです。

酔って男の人の膝の上に座らせられ、胸とか触られてました。一度なんかパンツずらされてた事あって、僕が恥ずかしくて 泣いた覚えがあります。
親父が仕事の打ち合わせとかで居ない時なんかだと男の人達も いやらしい目で母を見猥談をわざとふってました。

あの日も親父が留守だったと思います。
いつものように酔わされた母は男達に触られまくり、自分でも男の股間を触りにいってました。

そんなの見るのが嫌で僕は、部屋に入りいつの間にか眠ってました。
トイレ行きたくなり目を覚ましたけど部屋に母はいなくて食堂の明かりも消えてました。
どっか飲みにでも出掛けたんだろうと気にせず再び眠りにつこうとしたら聞こえたんです。 プレハブ作りだから隣や二階の声なんかが静かな夜は聞こえてしまうんです。

かすかだけど、女の声と揺れる音。
*学生だった僕にも何の事か解りました。

宿舎には女、母しか居ない筈。それに何となく母の声だった。
僕は心臓がドキドキし、どうしようか迷った。親父いないから相手は誰だ…しばらくしても二階の音は止まない。

音たてないように静かに部屋をでて鉄製の階段をゆっくりゆっくり上がった。
ドアの前に立つと下以上に苦しそうな母の声が聞こえた。

ノブをゆっくり廻した。 明るい電灯の下に布団があり、母は裸でうつ伏せになってた。
男が後ろから母にしがみつくみたいな恰好で動いてた。 他にも三人いて、一人は母の顔を掴んで股の間に入れてた。

よく見ると母は後ろ手に縛られてるみたいで尻を高く上げていた。
後ろから突かれる度に「あっあっ」と母は声出してた。
布団の周りにティッシュやタオルが沢山散らばり母の着てた服や下着もあった。

犯されたんだろうかと思ったけど見てると そうでもないらしかった。
一人が終わると違う人に代わったけど、母も逃げようとしないし 代わる代わる何度も入れられる母も協力的だった。
自分で、アソコの後始末すると男に近寄りキスしたり、握ったりしていた。

親父と母が してるとこは何度か見たことあるけど、母の あんな姿は凄く興奮した。
上になって腰を振る母は、異常だった。
もう見てられなくて僕は静かに降りたけど、上ではまだまだ続いてて、僕は思い出してオナニ―してしまった。

朝目を醒ますと、既に母は起きてて朝食作っていたけど、その後ろ姿が綺麗だった。

僕が高校卒業する頃、母は働いてた若い人と出ていった。
その後、会社も無くなり僕は田舎のばあちゃんに育てられた。
いつだったか親父とばあちゃんが話してたの聞いたけど、母は男と別れ近くの町に居るらしかったが僕は会いたくなかった。 

関連記事
安心・安全の無修正動画 カリビアンコム!

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧