サークルの若い男性とバックでハメちゃった人妻

30歳で主人と子供2人の主婦です。数年前から地元のバスケットサークルにはいっています。週に2回だけ行ってますが そこで23歳の一輝君と知り合いました。
一輝君が主婦の私に告白してきて、初めは笑ってましたが、真剣な一輝君を次第に意識するようになっていました。そのうち「サークルに行ってくる」と言っては家を出て、食事に行くようになりました。


でも帰宅する時間は21時まで、と主人と約束していたので、いつも急いで帰宅していました。そして夏に一輝君の誕生日があり、その日の食事の後初めてキスをしました。

車の中でキスをし、その日の帰宅後は主人の顔がまともに見れませんでした。

私は罪悪感でいっぱいになり、サークルを少し休みました。でも日中一人で家にいると、一輝君のことばかり考えてしまいます。

 キスは私が許しました。でも「キスだけよ」と私が一輝君に言っていたので、一輝君はキスだけで他は触れてきませんでした。

ただ、キスをしてる間、私の太ももに一輝君の硬くなってるモノが当たっていたのを覚えています。

一輝君はキスだけで大喜びしてくれたので「サークルに行ったら一輝君と絶対にエッチしちゃうだろうな」と思うとサークルにはなかなか行けませんでした。

 その頃は、エッチな妄想はしてるのに、主人に体を求められると断るようになってきました。
どうしようと一人迷ってると、 同じサークルのママ友から電話があって、私は一輝君の話をしました。
すると「ご主人も拒んでるなんてダメじゃない? 一輝君とエッチしてみたら?思い切ってさぁ」と言われました。

とりあえず次のサークルの会合に行き、体育館の入り口で一輝君と会いました。

 一輝君は「ごめんなさい」といきなり謝ってきます。
「キスをしたから私が来なくなったのではないか?」と思ってたようで涙まで流してました。

なんか凄く私のことを思ってるようでうれしくなり、体育館裏の人の来ない部屋にいき、私からキスをしました。

立ったままキスをし舌を絡めます。そして私から一輝君の前でしゃがみ、ジャージのズボンと下着を少しさげ、一輝君の硬くなってるモノを取り出して咥えてあげました。

硬くて熱くてパンパンになったモノを、手と口で音を立ててしゃぶります。
「出そう」という一輝君に「口に出す?」と聞くと「えっ いやぁ どうしよう」と困ってるようなので私は立ちあがって
「ちょっと待ってね、誰も来ないよね、入れたい?」と言い、
 ジャージと下着を膝までおろして一輝君にお尻をむけて「出来る?」と聞きました。

「はい」と言って一輝君が硬いモノをあてがってきます。

すぐにニュルンっと入ってきました。「硬い、凄く硬い」と思ってると、一輝君はいきなり激しく打ち込んできました。

「気持ちよくて声が出ちゃいそう」そう思っていると一輝君の動きが止まりました。
 私の中でドクンドクンってなってます。イってしまったようでした。

一輝君は「我慢できませんでした」と言い、私は「うん」とだけ答えました。

ティッシュもないので二人ともそのままジャージを穿き、時間があるのでサークルに顔を出そうとしましたが、私が動くたびに一輝君のが垂れてきます。

 しかたがないので帰宅し、すぐにお風呂に入りアソコを洗いました。
結局エッチはその一回だけですが、主人としてるときも、一輝君とのエッチを思い出してしまいます。

関連記事
安心・安全の無修正動画 カリビアンコム!

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧