妻の実家で46歳の義母とやりまくった

嫁が出産で実家に近い病院に入院してるとき、俺は嫁の実家に泊まらせてもらっていた。
嫁のお義父さんは夜勤のある仕事で、お義父さんがいないときはお義母さんだけになってしまうから、急に陣痛が始まったりしたときに男手が必要になるからと、
俺が泊まりに行くのを義理の両親は快く迎えてくれた。
そんな矢先、ふとしたきっかけでお義母さんとつながってしまった。


その日はお義父さんが朝から仕事で翌日の昼まで帰ってこないため、
昼過ぎにお義母さんと2人で嫁の見舞いがてら着替えを届けに行き、
夕方嫁の実家に戻ってきた。

子供が無事に生まれた嬉しさから、お互い嬉しくて話が弾み、
ダイニングで夕食を食べながら飲んでいたビールもドンドンと量が増え、
お互い結構酔いがまわってきたころ。
お義母さんが以前お義父さんに浮気相手がいて、離婚を考えたとの話をしだした。

真面目なお義父さんからは考えられない話にびっくりしたが、
その話題をきっかけに話はだんだん際どい会話となっていった。

詳しい内容は覚えていないが、お義母さんは22歳で結婚と出産を経験したため、
男性経験は少ないことや義理の両親は10年以上セックスしていないことなどがわかり、
酒の勢いもあってだんだんと俺は「もしかしたらお義母さんとヤレるかも?」
という気持ちになってきた。

お義母さんは46歳だが、スタイルもよく、胸が手頃にでかいところがとてもエロく、
気にはなっていたが当然ながら義理の母とセックスするなど全く考えてはいなかった。

しかし、ほぼ聞き役に徹していた俺も、
だんだんと「お義母さんはスタイルがいいのにもったいない」「30代ぐらいにしか見えない」
などと酔ってなければ恥ずかしくて言えないようなセリフで
お義母さんを褒めまくるとお義母さんも「何を言ってるの」「からかわないでよ」
などと言いながらもまんざらではない様子。

リビングに移動し2人でソファーでテレビを見ながら飲み続けて、
新聞を取る素振りをしてお義母さんの隣に座ってみたが、
さすがに酔っているとはいえ理性が働いたのか、
俺を警戒したのかはわからないが俺から少し離れて座り直した。

それからはなんとなく無言になってしまい「やっぱりヤルのは無理か」と思ったとき、
酒を取ろうとしたお義母さんの顔が俺に近づき、
俺は「拒否されるかな」とも思ったがキスをしてみた。
お義母さんは最初こそビクッと反応したが俺の首に腕を回して体を密着させてきた。

舌を絡ませてのディープキスが五分ぐらい続いた後、
お義母さんは俺に「絶対に秘密にできる?」と聞いてきたので
大丈夫ですよとだけ言い、お義母さんを抱きかかえ、義理の両親の寝室へと向かった。

寝室に入るとお義母さんは「恥ずかしいから向こう向いてて」と言い、
服を脱ぎ始めたので俺もすぐにトランクスだけになり先にベッドの中に入った。

下着だけになったお義母さんは「恥ずかしいからあんまり見ないで」
と言いながらベッドに入ってきたが、
俺はすぐにお義母さんのブラジャーとパンティーを取り去ると
お義母さんの膣はすでに濡れていた。

これから行われる禁断の営みの背徳感から、
お互いに緊張のようなものはあったが、いざベッドの上で裸になって抱き合うと、
そこではただの快楽を求め合う男と女でしかなかった。

濃厚なディープキスからお義母さんの胸と乳首を指と舌で転がしながら
吸い上げると、かすかに「アッ、ハァ~」と艶めかしい吐息が漏れ始めた。

指を胸から膣に移動させると、お義母さんの膣はとても熱く、少し指でクリをいじるだけで
お義母さんは「アッ、ヤッ、イヤ~、ハァ~」と悶える姿がかわいく、
クンニをしようとすると膣は子供を産んだことがあるとは思えないくらいとても綺麗で、
黒ずみやビラビラはなく、俺が舐め回すとお義母さんは
「アッ、ヤダわ、そんなことされるの初めてだから恥ずかしいわ」
と恥じらいを見せながらも恍惚の表情で目を閉じていた。

愛撫とクンニに自己満足した俺はお義母さんの蜜をタップリなめ回したので、
俺も挿入したくなって「そろそろ入れてもいい?」と聞くと
お義母さんは息を切らしながら「そんなこと聞かないでよ」
と言うのでゴムも付けずに挿入した。

俺のチンポがゆっくりと先端から根元までお義母さんの膣に入っていくと、
お義母さんが「アッ、アァ~壊れちゃう~気持ちいい~」と大きな声で喘ぎだした。
俺はお義母さんの膣に生で挿入しているという事実に快感は何倍も膨れ上がるとともに、
お義母さんはお義母さんで10年以上セックスレスだった自分が
「女」であったことを思い出しているような感じで狂ったように乱れ、俺は突きまくった。

お義母さんの締まりの良い膣についに我慢できず、
射精感が訪れたとき俺が「外に出す?口に出す?」と聞くと
お義母さんは俺に突かれたまま「そのまま中に出して」と言ってきた。

46歳だとまだ妊娠の可能性が絶対にないわけではないし、
さすがに中だしはマズいんじゃと俺なりの理性を働かせたが、
お義母さんの中に出してみたい好奇心が勝り、
お義母さんの子宮に届けとばかりに全力で奥に突っ込んだまま放出した。

中だしで繋がったまま息を切らしたお義母さんに倒れ込むと、
優しく俺を抱きしめて「すごく良かった」と微笑んでくれた。

俺がチンポを抜くとお義母さんの膣から精子が垂れてきたが、
お義母さんはその流れ出た精子を指で膣に戻しながら
「中にいっぱい出したね」「気持ち良かった?」と聞いてきたので、
俺は素直に気持ちよかったけど中だしして大丈夫だったのかと聞くと
お義母さんはイタズラっ子みたいに「女性に絶対の安全日はないのよ」と微笑み
「ゴムがなかったし、仕方ないわよ」「子供が出来たら、そのときはそのときよ」と言った。

その日は結局夜通しセックス三昧で楽しみあい、
翌日も早朝からつながりあっていると、
お義母さんの携帯にお義父さんから「今から帰る」という電話が入った。

電話があってからだいたい40分くらいで帰ってくるということで、
すぐに2人でシャワーを浴び、お義母さんは即座に化粧と着替えを終え、
2人の営みの証跡の残るシーツを洗濯機に入れて回しだしたころ、
お義父さんが帰ってきた。

お義母さんと俺は「おかえりなさい」と何食わぬ顔で出迎えたが
俺はお義父さんへの罪悪感からか、お義父さんといるのが気まずくて、
俺だけ逃げるように嫁の病院に向かうと途中で携帯がなり、
見るとお義母さんからだった。

メールには「あの人に悪いと思っちゃったから出掛けたの?気にしなくていいのよ」
とメールがあり、俺が「でもなんとなく…」と返信すると、
またお義母さんからメールがあり「私の体はもう昨日からあなたのものよ」
「中に出された精子の温かさが今もたまらないの」ときた。

たった1日で、真面目に見えていた家庭的なお義母さんは、
考えられないような淫乱な俺の女に成り下がった。

一週間の休みを、俺は会社から休みをもらっていたため、そのまま嫁の実家で過ごしていた。

初めての日から2日間はお義父さんが家にいたためHをすることはなく、
せっかく近くにお義母さんというセフレができたのになかなかHができす悶々としていた。
 
それでも夕飯の後などにお義父さんの目を盗んでお義母さんに近づき、
尻を触ったりと接触はしてみるが小声で「あの人がいるでしょ」と軽く怒られてしまった。

その後同じ家にいるにも関わらずお義母さんからメールがきて、
「家に他に人がいるときはバレてしまうようなことはしないで」ときたため、
「ごめんなさい」と返信すると「明日はあの人がいないし、良かったら…」とメールがきた。

翌朝、三人で朝食を取り6時半にお義父さんが出勤するのをお義母さんと見送って、
まだ朝早いので部屋でもう少しゆっくり寝ようかとゴロゴロしていると、
お義母さんが部屋をノックしてきた。
平日はお義母さんも仕事があり、いつもなら八時には家を出なくては行けないため、
返事をするとお義母さんが部屋に入ってきた。

「どうしたんですか?」とお義母さんに聞くと、
「仕事まで少し時間があるから…」と少し恥ずかしそうに布団に入ってきた。
すぐにお義母さんが着ていたジャージの下衣とTシャツを脱がし、
下着も脱がしてみると、お義母さんの陰毛が手入れされて整えられていた。

お義母さんは「この前は急なことだったから、綺麗にしてなくて恥ずかしかったの」と言っていたが、
整えられた陰毛からはお義母さんのおまんこがすでに濡れているのがよくわかった。
お義母さんが出勤のため家を出るまであと一時間程しかなかったため、
キスと胸への愛撫もそこそこに、クンニを始めると
「あっ、あ~いい~」と喘ぎはじめ、朝だちのチンポを生で挿入した。

正直初めてのときは勢いみたいなものだったが、朝から明るい家でお義母さんとのHは興奮する。
が、お義母さんとの正常位は少し恥ずかしさもあったのでそのまま体勢をバックに変えた。
バックではあまりされたことがないようで、突いているとお義母さんが
「すごい~奥まであたってる~」と言い出したので、
「義理の息子と朝からHしてるなんて、お義母さんスケベですね」と言うと
「そんなひどいこと言わないで」「あとお義母さんと呼ばないで、節子って呼んで」
と下の名前で呼ぶように言われた。

絶頂の到来が近くなり、
「節子、中に出すよ」と耳元で言い、突くのを早めると息をきらしながらも
お義母さんは嫌がらず「あっ、あ~あ~いっちゃう、ダメ、あ~っ」と喘いでいる。
枕に顔をうずめたかと思うと先に絶頂に達したようで、腰が下がり力が抜け、
おまんこもヒクヒクしていたため、さらに突き、お義母さんのおまんこの奥に精子を放出した。

3、4回チンポからピュッピュッと精子が出た後、
抜かずにお義母さんのおまんこを堪能していると
「そんなに奥に出されたらそれだけで感じちゃうわ」と言ってきたので、
「朝から気持ちよかった」と言うと
「私も朝から中に出されて、温かいのが気持ちいいわ」という返事。
お義母さんの足を開くと、おまんこからは精子が少しずつ流れ出てきており、
肩で呼吸をするたびに少しずつ垂れてきた。

時計を見ると、お義母さんが出勤のために家を出なければ行けないギリギリの
8時まであと15分ぐらいしかなかった。
急がないとですねと笑うと、お義母さんは「まだできる?」と聞いてきたので、
時間無いですよと言うと携帯を開き「二時間時間休お願いしま~す♪」と勤務先に電話。
「これでまだできるわね」と嬉しそうにしている。

結局朝から三回。
お義母さんは三回とも中に精子を受け止め、出勤するギリギリまでイチャイチャしていた。

家を出るとき見送ると「じゃあ、今日は早めに帰ってくるね~」と上機嫌だったので、
夜は何回しようか?と笑いながら聞くと「何回でもいいわよ♪」と即答して家を出て行った。

関連記事
安心・安全の無修正動画 カリビアンコム!

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧