帰省して還暦過ぎの母に生挿入

私は、38歳の会社員、現在妻(41)、娘(14)息子(12)との4人暮らし。
子供も中学*になり生意気盛り、妻も最近では、趣味や、子供の同級生のお母さん方との付き合いやらで、家を空けることが多く一家はなんとなく殺伐としてきていた。
そんななので当然妻との夜の生活もすっかりご無沙汰な日々をすごしている。

そんな今年のお盆に、私の郷里の宮城に行かないかと家族を誘ったのだが、子供たちは興味も見せず、妻にいたっては「一人で行って来たら」とあしらう始末。
結局私は一人で行くことに成り、電車に乗り一泊二日の予定で故郷に向かった。

母に会うのは父の葬儀以来八年ぶりだった。母は63才、父が死んで、住んでいたマンションを持て余すからと言って、ワンルームの小さな賃貸マンションに移っていた。

私が訪ねると、母は嬉しそうに世話を焼き、いろんな事を聞いてきた。
そんなこんなで、母の手料理を久しぶりに堪能し、風呂をもらい、後から風呂に入り、出てきた母にマッサージをした。
母の背中や、肩を揉みながら私は、一回り小さくなったような、母の姿に、寂しさを覚えた。

マッサージが終わり、寝る段になったが、あいにく布団は、一組しかなく、同じ布団で一緒に寝る事に成った。
明かりを消し、布団に入ると、我が家の話題になり、私は、不意に我が家の状況や、妻への愚痴をこぼしていた。

母は、私の方を向き頭を自分の胸元へ引き寄せるように抱きしめ、「お前んとこも大変なんだねぇ」といった。
私は久々の母の感触と、日頃の満たされない欲求とが相まって、無意識に母の乳房をまさぐっていた。

母は、私から離れようと、反対向きに寝返りをうった。私は追いかける様に背後から、腕を伸ばし、再び両手で、母の大きな乳房を揉むと、なおさら体を、引き離すように、逃れるような仕草を見せるが、強く抵抗はしない。
むしろ、ため息をつくように吐息を漏らし始め、後ろ手で私の息子を優しくさすり始めた。

受け入れられたと認識した私は、次に母の股間に手を延ばした。
母は下着を着けておらず、そのままクリトリスをこねながら耳元で
「母さん、  世話になるよ」
と囁くと、嗚咽を漏らさないように、硬く口を閉じ、何かを堪えるような表情でコックリと頷き、私は母の片足を軽く持ち上げ、バックから差し込んだ。
息子はヌルッと母の中に入り、スッポリと根元まで納まった。

母は堪えきれず小さな声で「ふうううぅぅ~~」と唸るとあわてて、枕を自分の顔に押し当て、嗚咽を殺していた。
私の先が、子宮に当たる度、枕から「うっ、、うっ、、うっ、、」と僅かに声が漏れてくる。

私はまもなく絶頂感を感じ、
「そろそろイクよ、どうする ?」
と聞くと母は、私の方に首を返し、
「い、いいよ・・・そのまま・・・」
と言い、私は、軽く母の口に舌を絡ませてから、勢い良く腰を振り、イク瞬間に
目一杯に深く差し込み、母の子宮に放出した。

母は、射精した瞬間枕で抑えていた顔をより一層強く抑え「ううぅ~~~」と唸った。
こうして母と私は始めて繋がった、合意の上でであったからだろうか、終わった直後も私には、罪悪感や、 という後ろめたさは、感じなかった。

むしろ母と普通の親子以上に濃密な時間が持てた事がとても嬉しかった。
ただ、惜しいのが、母を逝かせることが出来なかった事、たまっていたこともあり、私一人が母に甘える形になってしまった事が悔しい。
男として、満足させてあげたい気持ちが残った。そして次の日を迎えた。

次の朝、目覚めると、母は朝食の準備をしていた。
私は、昨夜の出来事が夢であった様な錯覚を覚えたが、シーツに残るシミが夢ではなかった事を証明していた。
私は出来ればもう一度母と交わり、満足させて上げたいと思い、母のほうへ向かった。

母は、何事も無かったかの様に、私に挨拶をし、布団を上げ、朝食を並べた。
私はためらいもあったが、母に「ねぇ、昨夜の事なんだけど・・・」と話を振ると、母は「ああぁ、スッキリしたかい?」と事も無げにいった。
私は「ああぁ、俺はね、、でも母さんは、、中途半端だったろ?」と言った。

母は、何も答えず朝食を食べている。
食事が終わり、午前中に父の墓参りを済まし、繁華街へ出て我が家へのお土産を買い、街中を二人で歩いている時にもう一度私は言った。
「なぁ、帰る前にもう一回 ダメかな?俺このままじゃ、、、」
「えぇ?、まだ足らないのかい?」
「い、いや違うよ、そっちがまだ、逝ってなかったろ、何か、中途半端で悪い気がして、俺だけよくなってもさぁ・・・」
母は笑いながら、
「そんなのいいんだよ気にしなくて、」

しかし、私は男として相手を、満足させていないのがどうしても気になった。何よりも一度母の逝く姿が見たい心境に襲われた。
「でも昼まっからお前、それにあの部屋じゃ、隣に聞こえちゃうよ」と渋る母に
「あの部屋じゃなきゃ、いいだろ」
と言って、ホテルへ連れ込んだ。

乗るはずの8時過ぎの電車には、後5時以上もあるのでゆっくりと周りを気
にせず楽しめる。遠慮気味だった母も
「こんな年でこんなとこに来ると思わなかったよ。何か恥ずかしいね。でも遅いか」と言いながら腹を決めた様子で、シャワーで体を洗い、一緒にベッドに入った。

ねっとりと舌を絡ませ、指でクリトリスやおま*こをこねながら、徐々に体中を嘗め回すように愛撫し、指ピストンで責めると、母は遠慮がちに声を上げながらも、背中をそり上げるようにして逝った。

私は母に、
「ここだったら、もっと 声出していいんだよ、その方が俺も興奮するし」
と言うと、母は恥ずかしそうに頷き、もう一度指ピストンで攻めると私の
片腕にしがみつく様な格好で、
「ああぁ~~、ああぁ~~~」
と大きな声であえぎ、
「ああっ、ダメッ、また逝っちゃう」
と大量の愛液を溢れさせながら、全身を痙攣させながらもう一度達した。その姿を見届けた私は、今度は私の男自身で母をもう一度逝かせるべく、体制をとった。

亀頭だけを三度、四度押し込むと母から「うっ、うっ、うっ」と声が漏れ膣壁の感触を楽しむようにゆっくりと、根元まで差し込むとうつろな目で私の顔を両手で押さえ見上げながら
「うはあぁぁ~~~ぅ~~~ん」
と声を上げ私が、次第に腰を動かし、いろいろな角度から子宮に刺激を与えると一緒に腰を振りながら
「あ、すごい、昨日と違う、きのうとチガウゥ~~」
と乱れ、何度と無く逝った。

私は、フィニッシュに近づき、このまま終わるのはつまらないと思ったので、ダメ元で母に
「ねぇ、そろそろ出るから俺の飲んで」
と頼んでみると、母は頷き、逝く瞬間に母の口に息子を差し出すと母はそれを咥え込み、私の精子を口で全て受け止め、手で息子から残りの精子を搾り取るように、尿道を刺激しゴクリ、ゴクリと飲み干すと、丁寧になめ清めた。その後も計4時間3回交わり、すべて母の子宮に納めた。

その後二人で駅に向かい、母は、
「もう、帰っちゃうのかい?、帰すのが惜しくなって来ちゃったよ」
と寂しそうに、言うので、「俺も、行きたくないけど行かなきゃ」と後ろ髪を引かれる思いで電車に乗った。

母は、
「また、すぐ来ておくれ、もうお母さんの方が耐え切れないから、、」
「今度来た時は、もっと頑張るよ」
といって別れた。

今は、相変わらず妻に対して、興味もわかず,先週の週末も理由をつけて宮城に行き、母と交わった。
そして月に一回母の元を訪れ関係を続ける事を約束した。
家庭に対する愛着は薄れている、離婚して地元に戻り母と暮らそうかと本気で考えている。

月額動画・熟女チャンネルで人妻、熟女、母子*姦などの動画が見放題です↓

コメント

非公開コメント